販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

ページをめくらせる行動を誘引する仕掛け

向坂文宏(桜美林大学)

店頭ツールによる商品訴求は、見ることだけで商品特徴を理解してもらうのではなく、聴く、触れる、商品を試すなどの体験を通した訴求を行うことができる。そのため、積極的に店頭ツールへ触れてもらいたいという企画者の思いが込められている事例が多いが、買い物客が店頭ツールに触れるまでのハードルは高い。

例えば、タッチパネル式のPOPサイネージを設置してもタッチしてもらえない、店頭へQRコードを設置してもアクセスしてもらえない、多くの情報を伝えるために冊子状にしたツールを設置しても開いてもらえないなど、そんな経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。

原因は、触れても魅力的な情報が存在しているかどうか分からないという懐疑心だと思う。買い物客は、店頭ではなるべく無駄な行動はしたくないのだ。では、どのようにしたら触れる前から興味を持たせられるのか。今回は、パナソニックのオーブントースター機能紹介ツールが面白い試みを行っていたので紹介する。

仕掛けを用意したツール

この店頭ツールは、POPサイネージと冊子状のレシピを組み合わせた機能説明ツールである。映像で技術的な解説などを行い、冊子でどのような料理がつくれるのかを紹介している。映像と冊子をしっかりと見てもらうことで、モノとコトの2つの価値を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

ライブコマースサービスの事業譲渡に見る今後
生活者にSNSでシェアされるコンテンツとは?
位置情報によるアカウンタビリティ強化
ページをめくらせる行動を誘引する仕掛け(この記事です)
普遍的なパッケージだからこその空気感
「ライブコマース×あと値決め」、ポストプライシングを用いた効果測定
空きスペースをOOHとして表現のキャンバスに
音声メディア活用で検討すべきこと
リアル店舗での、ARテスター活用アイデア
伝統と革新を感じる、手土産にしたいパッケージ
ライブ配信の効果が求められる1年
『仮想世界』としてのゲームの大きな可能性
想いを形にできるメディア
当たり前となったリモート接客の什器
愉快なパッケージデザインたち

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する