販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

緑のたぬきとルービックキューブが40周年記念でコラボ

東洋水産

東洋水産が提供するカップ麺「緑のたぬき天そば」と、バンダイナムコグループのメガハウス(東京・台東)が提供する「ルービックキューブ」が、ともに40周年を迎えたことを記念し、コラボ商品「緑のたぬききゅーぶ」を開発。昨年12月25日から、全国の玩具取り扱い店にて販売している。

「緑のたぬききゅーぶ」は、緑のたぬきを3Dスキャンして制作した、天ぷらと麺が立体的にデザインされたルービックキューブで、実物の緑のたぬきとそっくりのパッケージに入っている。このルービックキューブを完成させるには、天面にのる天ぷらを正しく揃える必要があるが、揃える位置が決められているために、一面の色を揃える通常のルービックキューブよりも難易度が高い。そこで、初心者も楽しめるよう、粉末スープのパッケージをイメージしてデザインした攻略書を同封するなど、細部にまでこだわった。

売れ行きについて、東洋水産 マーケティング部の白石巌氏は、「年越しそばの需要期に発売したため多くの玩具売場に導入いただき、年齢に関係なく目を引く商品として、好評をいただいています」と語る。特に、POPなどで飾った家電量販店の玩具売場で好調に推移しているという。

また、商品を目にした消費者からは驚きの声のほか、「緑のたぬききゅーぶ」の話題を目にしたり遊んだりすると緑のたぬきが食べたくなるといった声も聞かれている。

「緑のたぬききゅーぶ」の商品イメージ。普段はパズルや玩具に関心がない人も含め、幅広い層に興味を持ってもらえたと推測している。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する