販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

空きスペースをOOHとして表現のキャンバスに

平井健一郎

福岡県北九州市を中心に不動産事業を手掛ける株式会社なかやしきは、1月から「北九州ウォールアートコンテスト」を実施した。本コンテストはコロナ禍で活動を自粛せざるを得ないアーティストを支援する目的で行なわれたものだ。同社の持つ約100㎡の壁面を彩る作品を募り、選ばれたプランは実際にウォールアートとして最低11カ月間掲出される。また今後も同社ではウォールアートに活用できるスペースを市内から広く募集していくという。

一方、大阪市のWALL SHARE株式会社は昨年、「プロモーションアート事業」を開始した。壁画制作に利用できる空きスペースを提供する媒体主と、壁画に企業メッセージを込めたいスポンサー、さらに壁画作品として表現を行なうアーティストをマッチングするサービスだ。

街なかに出現するストリートアートが、OOH広告として企業のプロモーションやブランディングに活かされる。一方媒体主としては、うまく活用しきれておらず劣化や落書きに悩まされていた壁面を有効活用する手立てになる。新たな収益源の確保や落書き防止に加え、アートによって人が集まり潤いのある場所を創出することで地域活性化にも貢献する。

OOHに対する表現の意気込み

これらの事例では、「空いている壁」というある意味でのOOHメディアをアート表現のキャンバスとして開放した形だ。表現者の視点から見ても、公共空間に作品を残せることは、クローズドな媒体や展示空間で作品を見せるのとは違うモチベーションになるのではないか?

私自身の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

「ライブコマース×あと値決め」、ポストプライシングを用いた効果測定
空きスペースをOOHとして表現のキャンバスに(この記事です)
音声メディア活用で検討すべきこと
リアル店舗での、ARテスター活用アイデア
伝統と革新を感じる、手土産にしたいパッケージ
ライブ配信の効果が求められる1年
『仮想世界』としてのゲームの大きな可能性
想いを形にできるメディア
当たり前となったリモート接客の什器
愉快なパッケージデザインたち
ライブコマースに求める機能とは?
ゲームの真髄は、楽しく『何か』をさせること
ベンチャー企業が創るOOHの未来
舞台背景としてのサイネージ
待ち望まれた生理用ナプキンのパッケージ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する