販売促進の専門メディア

流通・メーカー 店舗と商品の活用

スターバックス、事前注文で利便性と安全性を向上

スターバックス コーヒー ジャパン

提供している空間自体が感染リスクをはらみ、一斉休業などが実施されたカフェ業界。感染対策を行い、リモートワーク、テイクアウト、デリバリーの対応などが進む。

会員、前年同月比130%超

購買行動に「安心」の観点が加わり、ドライブスルー店の利用や、持ち帰り、デリバリー需要が増加。非接触決済も増加し、事前注文決済やアプリ支払いが利用できる会員プログラム「Starbucks Rewards」の会員数は2020年2月以降、前年同月比130〜170%で推移しました。リモートワーク普及により、ビジネス街から郊外へ、朝の通勤時間からランチタイムへの需要のシフトも一部見られました。

店舗における安全対策が必須となり、当社の店舗でも...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

流通・メーカー 店舗と商品の活用の記事一覧

流通・メーカー 店舗と商品の活用の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する