販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

湖池屋「ムーチョシリーズ」が一新 ブランド価値伝達で若年層狙う

湖池屋

湖池屋は、スナック菓子「カラムーチョ」および「すっぱムーチョ」のパッケージデザインを15年ぶりに一新するとともに、新味として「チーズムーチョ フレッシュチーズ味」を開発し、11月16日に発売した。

ムーチョシリーズは発売から36年目を迎える一方で、ロングセラーブランドとして今後のコアユーザーになりうる若者を獲得し、ブランドの現代化を図ることが必要との課題を抱えていた。その中で、ムーチョシリーズは「辛い」「すっぱい」だけの単純なイメージで捉えられ、本来のブランドベネフィットである「辛い、すっぱいだけではない複雑な旨み」「ストレス発散・リフレッシュできる」という価値がまだまだ伝わっていないことが分かったという。

そこで、若者に自分たちのものだと感じてもらえるようパッケージを刷新。一部の商品は味もアップデートし、カラムーチョはエキサイティングできる存在、すっぱムーチョはリフレッシュできる存在として、「最も気分転換にぴったりなアイテム」になることを目指した。流通からは、「パッケージが現代的になった」と期待感を持たれているという。

爽やかなチーズ味にこだわった「チーズムーチョ」は、コンビニとスーパーでの回転が直近1年のブランド施策で最も高いものの一つとなった。ターゲットである若年女性層から「モッツァレラチーズのコクとほのかな酸味が相まってやみつきになる」と好評を博している。

リニューアル後のパッケージ。発売記念として、ポケモンとコラボしたプレゼントキャンペーンも11月16日〜2021年2月13日にかけて実施。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する