販売促進の専門メディア

「買う」5秒前2

「孤独のグルメ」になりたいワタシ

草場 滋

コロナ禍にあって、“お一人様”需要は増えている。中には『孤独のグルメ』の松重豊さん演じる井之頭五郎になりきり、モノローグ(心の声)を楽しむ人も。お店側もこの波に乗らない手はない。

イラスト/高田真弓

先日、午後2時過ぎに新宿の某ステーキハウスを訪れた時の話である。扉を開けると、まだ8割ほど座席が埋まっている。ここは全てカウンター席で、昼時はいつも行列ができるが、この時間でもそれなりに混んでいるのに驚いた。これが人気店ということか。「Wを。リブとサーロインで」──この店で僕は決まって同じメニューを注文する。肉は赤身なので多く食べられるのと、Wで頼むと割引されるからである。店内を見渡すと、お客は皆、一様に無口。恐らく、ほとんど一人客だろう。

7、8分ほどして、ステーキを乗せた白皿が前に置かれる。ワイン仕立てのソースの色つやもよく、ボリュームも申し分ない。ナイフを入れると、ほのかにピンクがかった断面が露わに。ミディアムレア。一口頬張り、噛みしめる──美味い。熟成肉本来の旨味。それを追いかけるようにライスを口に運ぶ。少し硬めに炊いたごはんとステーキ肉の相性がまた格別。僕は心の中でつぶやいた。『この組み合わせを...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

買う5秒前の記事一覧

買う5秒前の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する