販売促進の専門メディア

ECで巣ごもり消費にどう切り込む?

ECの種類はどれがいい? 自社サイト型とモール型とは

及川謙一(ブルーグース CEO)

ECサイトを始めるにあたり、自社に最適な型は何なのか。サイトの種類やコスト面など、メリット・デメリットをそれぞれ紹介。ECのコンサルティングを行う著者が解説する。

一口にECサイトといっても、その種類は多種多様。予算、知識、リソース、将来的展望などによって、どのようなECサイトをつくるか、もしくは利用するかを事前によく考える必要があります。

ECサイトは主に、自分でECサイトを制作・運営する「自社サイト型EC」と、ひとつのECサイト内に様々な商品や店舗が存在している「モール型EC」の2種類があります。

自社サイト型は5種類

自社サイト型ECの場合、ASP、パッケージ、オープンソース、クラウドEC、フルスクラッチの5種類があり、その特徴は下記の通りです。

先に申し上げておきますが、ここで説明している自社サイト型ECの種類などの意味がよく分からないという方がいましたら、まずはあまりコストがかからず、知識も最低限ではじめられ、リソースもそれほどかからない、モール型ECのAmazonでひとつでもいいので商品の販売に挑戦してみることをおすすめします。

ASP

Shopify、BASEなど、サービス提供元のウェブサイト上でECサイトの開設、制作、商品登録、注文管理などができ、ECサイトに必要な基本的な機能が揃っているものです。テンプレートで用意されているので、すぐにECサイトをはじめられ、コストも低くおさえられます。利用料として、月額の基本料金や注文金額の数%の手数料などが必要になりますが低額です。

機能がテンプレート化されているので、若干オリジナル性に欠ける部分もありますが、特殊な販売方法やマーケティング手法を行う予定などがなければ、ほとんどの場合はASPで事足ります。

※BASEはテナント型のモール型ECでもあります。

パッケージ

ecbeing、EC Orangeなどがあり、パッケージ化されたECサイトを購入して自社のサーバーにインストールするかたちになります。後述するフルスクラッチの場合は、ECサイトの管理画面もフロントも自分でデザインしプログラミングする必要がありますが、パッケージの場合はそれらがテンプレートとして用意してあり、必要に応じてそれらをカスタマイズしていきます。

いずれにせよデザインやプログラミングの知識は多少なりとも必要になるので、それらを自社で用意するか、外注する必要があります。もちろん、用意されているテンプレートをそのまま使用しても問題ありません。その場合はプログラミングなどの知識はほとんど必要ありませんが、それでしたらASPのほうが手軽で安上がりです。

オープンソース

代表的なものにEC-CUBEやMagentoがありますが、ECに関するプラグインの導入でWordPressもオープンソースのひとつとなるでしょう。パッケージが有料なのに対しオープンソースは無料のソフトで、パッケージ同様、自前のサーバーにインストールする必要があります。

インストールさえできればASPやパッケージとそれほど変わらない機能などを利用することができますが、無料なだけに保証面ではASPやパッケージに比べると劣る部分があります。

クラウドEC

ebisumart、mercartなどで提供されているクラウドECサービスは、クラウドという言葉に表される通り、自社でサーバーを持たず、サービス提供元のサーバーにECサイトを置くことになります。

そのため、サーバーの維持費などがかからず、またECサイト自体もサービス提供元に置かれることになるので、そこでソフトウェアのアップデートや、新しい機能の追加などを行ってくれます。逆に、自社でECサイトのプログラムを変更しようと思ってもできず、サービス提供元に相談・依頼する必要があります。サービス提供元の負担が多い分、利用料もそれなりに高くなります。

フルスクラッチ

前述の通り、ECサイトの制作をすべて自前で行う方法です。完全にオリジナルのECサイトをつくり上げることができますが、その分コストも跳ね上がります。上記4つのどれを選択しても、やろうとしていることが実現できない場合には検討の余地があるかと思います。

図1 自社サイト型ECの種類

※編集部作成

モール型は2種類

続いてモール型ECサイトですが、モール型ECサイトは主にテナント型とマーケットプレイス型の2種類があります。

テナント型

代表的なECサイトに楽天市場やYahoo!ショッピングがあります。商品を出品するブランドや店舗ごとに売場を設けることができるので、モール型ECサイト内でも自社ブランドの世界観などを構築しやすいのが特長です。

商品ごとの競争ももちろんありますが、テナント型ECサイトの場合は、どれだけ自社ブランド・店舗の存在感を上げられるかが重要なポイントになります。

実店舗でいえば「イオンモール」や「ららぽーと」のように、様々な店舗が軒を連ねており、その店舗オリジナルの商品も販売しますが、中にはまったく同じ商品を別々の店舗で販売していることもある、というイメージです。

マーケットプレイス型

代表的なECサイトにAmazonがあります。楽天の場合はひとつの商品を異なる店舗同士が別々に販売することが可能ですが、Amazonの場合は...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ECで巣ごもり消費にどう切り込む?の記事一覧

ECで巣ごもり消費にどう切り込む?の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する