販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

プロモーションの可能性を広げる『選択式』ゲーム

杉浦 充(ADKマーケティング・ソリューションズ)

価格は1960円(税込)。映画と同等の価格設定、出演陣の豪華さ、ビジュアルやプロモーション映像のつくり込みなど、ゲームでありながら映画を意識した展開を行っている。

「これは映画なのか?ゲームなのか?」そんな特徴的なキャッチフレーズとともに6月25日に発売されたのが『Death Come True(デスカムトゥルー)』です。Nintendo Switch・スマートフォン・PCのダウンロード専用ソフトとして発売され、発売直後はニンテンドーeショップにてダウンロード専用ソフトランキングの1位にランクイン。価格は1960円(税込)とゲームでありながら映画とほぼ同じ価格に設定、映画顔負けの出演陣。明らかに映画を意識して開発されたゲームです。

映画とゲームの融合

本ゲームの最大の特徴は、映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」であること。映画のようにつくり込まれた映像とともにストーリーが展開され、分岐点ではプレイヤーの選択が求められます。その選択によって進み方が変わり、複数のエンディングが存在。プレイヤー側のアクションは選択のみですが、豪華出演陣の演技力、練られたシナリオ、選択を迫られた際の心情を描写するような演出がプレイヤーを飽きさせません。実際に私もプレイしてみましたが、「自分が映画を操作している」というような今までにない感覚でした。

また...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

自社に合ったライブコマースとは?
プロモーションの可能性を広げる『選択式』ゲーム(この記事です)
サイネージで両立する安心・安全と集客
UZU、環境への配慮とブランドを体現した店頭ツール
伊右衛門からラベルが消えた日
チケット×ライブ配信がスタンダードに?
eスポーツが生む新しいエンターテインメント
場所の持つストーリーとともに
実店舗の価値を高める 体験型店頭ツール
この春の好意度ランキングNo.1パッケージ
セガ60周年動画で「せがた三四郎」藤岡弘、が親子で共演
キリンビールが飲食店応援ポスター制作 店舗ならではの訴求力
新しい生活様式で「触れられない」を解決する店頭ツール
「三ツ矢サイダー」限定パッケージに見る 復刻デザインの意味
1230万人が参加 トラヴィス・スコットが「Fortnite」で音楽ライブ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する