販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

伊右衛門からラベルが消えた日

小川裕子 (小川裕子デザイン)

デザインをする上で大切にしていることがある。それは、お客さまが買い物をする時に頭のスイッチをオフにしてもスッと手に取れること、そして無意識に「美味しそう」「可愛い」「楽しい」など今より少しポジティブな気持ちにさせてあげられること。少なくとも、買い物をしに来たお客さまを無駄に疲れさせてはならない。

特にここ数年の経済状況に加え、新型コロナウイルスが蔓延している現状では尚更である。人を安心させて、ホッとさせ、少し笑顔にさせてあげる力はパッケージデザインでも十分に発揮できることだ。それをクリアしているのがサントリーの商品パッケージではないだろうか。

2020年4月14日に「伊右衛門」をリニューアル。緑茶の水色(すいしょく)を体感してもらうため、同月21日からラベルレスボトルを展開。全国のコンビニエンスストア、一部交通売店にて数量限定で販売された。

「無し」でも分かるデザイン

「伊右衛門ラベルレス」の発売をCMで知った時、「とうとうやったか!」が最初の感想だった。店頭で確認すると、CMで知っていたからとはいえ、ラベルもロゴも無いのに「伊右衛門」と認識できた。少し丸みのある四角いペットボトルの中央に、ただ丸に囲まれた「茶」の文字がエンボス加工されているだけ。あとはライトグリーンのキャップのみだ。それだけなのに「伊右衛門」と分かるポイントとはなんだろう。このワクワク感と...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

自社に合ったライブコマースとは?
プロモーションの可能性を広げる『選択式』ゲーム
サイネージで両立する安心・安全と集客
UZU、環境への配慮とブランドを体現した店頭ツール
伊右衛門からラベルが消えた日(この記事です)
チケット×ライブ配信がスタンダードに?
eスポーツが生む新しいエンターテインメント
場所の持つストーリーとともに
実店舗の価値を高める 体験型店頭ツール
この春の好意度ランキングNo.1パッケージ
セガ60周年動画で「せがた三四郎」藤岡弘、が親子で共演
キリンビールが飲食店応援ポスター制作 店舗ならではの訴求力
新しい生活様式で「触れられない」を解決する店頭ツール
「三ツ矢サイダー」限定パッケージに見る 復刻デザインの意味
1230万人が参加 トラヴィス・スコットが「Fortnite」で音楽ライブ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する