販売促進の専門メディア

Withコロナ時代の新しい店舗集客と接客

虎ノ門ヒルズの新商業施設 LINEで順番待ちや注文も

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

「虎ノ門ヒルズ」の超高層タワーのひとつとして6月に開業した虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(森ビル)。順番待ちやオーダーでLINEを活用し、安心・安全な施設を目指す。

「虎ノ門横丁」はウェルカムの横川正紀氏がプロデュース、タベアルキストのマッキー牧元氏が店舗のセレクトを担当した。

6月6日に新設された東京メトロ日比谷線の「虎ノ門ヒルズ駅」。同駅から直結する形で6月11日にオープンしたのが「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(森ビル)だ。地下1階から地上3階までに商業施設が入り、5階以上はオフィスフロア。駅に直結するだけでなく、1階にはBRTなどが発着予定のバスターミナルも有する、東京の新たな交通結節点でもある。

虎ノ門ヒルズは、このビジネスタワーと森タワー(2014年開業)に加え、「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(2021年1月竣工予定)や「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(仮称)」(2023年7月竣工予定)を合わせた、超高層タワー4棟などで構成。交通インフラとも一体化した複合都市を目指している。

ターゲットを絞って密を防ぐ

ビジネスタワーは元々、4月にオープン予定だったが、約2カ月延期。6月の開業時は、密を避けるためにターゲットを虎ノ門ヒルズや周辺エリアのビジネスパーソンや居住者、顧客に絞ってプロモーションを行った。

そのため...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Withコロナ時代の新しい店舗集客と接客の記事一覧

Withコロナ時代の新しい店舗集客と接客の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する