販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

「キンカン」ポップアップストアをウェブサイトで Twitter投稿数は2230件に

金冠堂

ポスターデザイン。どこか蚊がいそうな湿地帯を舞台に、高級感を演出。



虫さされ薬「キンカン」を展開する金冠堂は6月9日、新型コロナウイルスの影響で出店中止となったポップアップストア「Salon de KINKAN Noir」の全貌を公開するウェブサイト「キンカン 渋谷の夢-KINKAN’s DREAM-」をオープンした。

同社は2020年3月、若年層をターゲットに、クール&ラグジュアリーな世界観を体現する黒を基調とした新パッケージ商品「KINKAN Noir」を発売。そのプロモーションとして、5月に渋谷PARCOでポップアップストアを出店する予定としていたが、中止に。

広告宣伝課の横尾賢則氏は「世間では似たような企業判断に対して、利益よりも来場者を第一に考える姿勢に称賛の声や注目が集まっていました。そこで、出店の計画を断念したという事実と思いの丈をチャーミングに伝えれば、共感が生まれ、ブランドへの愛着やユーザーとのつながりを強化できるのではと考えました」と語る。

結果、広告流入数は想定に対し115%を達成。Twitterではハッシュタグ「#キンカン渋谷の夢」を付けた投稿が2230件(7月1日時点)あり、「キンカン頑張れ!諦めないで!」などの激励の声があったほか、実際に商品を購入して写真をInstagramに投稿するユーザーもいた。商品の販売も順調に推移し、2020年度の販売計画分が6月末で完売するなど、話題化だけでなく購買に結びつく成果も得られたという。

ウェブサイト「キンカン 渋谷の夢-KINKAN’s DREAM-」のトップ。渋谷の街並みを背景にした。

ウェブサイトでは、開催予定だったポップアップストアのイメージも公開。

ジョークを利かせた来場者プレゼントの「マ蚊ロン」と「ア蚊ワイン」。「マ蚊ロン」はTwitterの投稿者の中から抽選で100人にプレゼントした。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する