販売促進の専門メディア

           

アクティベーションツール

実店舗の価値を高める 体験型店頭ツール

向坂文宏(桜美林大学 准教授/POP研究家)

この春先ほど、実店舗で買い物をする価値について話し合われ、考察されたことはなかったのではないだろうか。コロナ禍は、世界中の人々の生活を一変させると同時に、店頭プロモーションに関わる人々へ「実店舗で買い物をする価値」を問いかけた。結論としては、商品に直に触れられること、接客を受けながら買い物ができることなどに落ち着いたのではないだろうか。これらの価値をどう高めるかが、今後の重要な課題である。

画像やスペックなどの情報だけで商品の良しあしを判断できない場合には、やはり実店舗で商品を確認したくなる。しかし、せっかく足を運んで来店してみても、同じように購入を迷ってしまう場合は、もう少し判断材料が欲しいところだ。この「もう少し」が、きっと実店舗の価値を高める店頭施策のヒントになるのだろう。今回はランドセル売り場にて、新たな商品の判断材料を提供していた事例を紹介する。

「使い心地」が商品選びを助ける

セイバンの体感重量バッグは、ランドセルの中に入る教材の重さを再現した重りである。小学校5時限分の授業で必要な教材の重さを再現しており、試着の際にランドセルの中に入れることで、実際の使い心地を確認できるというものだ。

ランドセル売り場は、今や色とりどりのデザインの商品にあふれ、...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

チケット×ライブ配信がスタンダードに?
eスポーツが生む新しいエンターテインメント
場所の持つストーリーとともに
実店舗の価値を高める 体験型店頭ツール(この記事です)
この春の好意度ランキングNo.1パッケージ
セガ60周年動画で「せがた三四郎」藤岡弘、が親子で共演
キリンビールが飲食店応援ポスター制作 店舗ならではの訴求力
新しい生活様式で「触れられない」を解決する店頭ツール
「三ツ矢サイダー」限定パッケージに見る 復刻デザインの意味
1230万人が参加 トラヴィス・スコットが「Fortnite」で音楽ライブ
おうちでOOH バーチャル空間が広告媒体に
実店舗で迷わず、早く、的確に、商品を選ぶ
アフターコロナのパッケージデザイン 安全・安心・定番という資産
文字通り、多くの人が〈集まった〉ゲーム
閉じたコミュニティで心を掴む

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する