販売促進の専門メディア

逆風下の販促戦略

格之進、購入者に「オンライン肉会」を配信 ECの売上は2カ月で21倍に

門崎

都内を中心に高級焼肉店「格之進」を展開する門崎(岩手県一関市)。新型コロナの影響で飲食店が大打撃を受けるなか、ECでの食材販売や「オンライン肉会」の開催で逆境を切り抜けている。

門崎
代表取締役
千葉祐士(ちば・ますお)氏

1971年岩手県一関市生まれ。1994年東北学院大学卒業後、フィルムメーカーで営業職に従事。1999年に「焼肉屋 五代格之進」を開業。関東を中心に店舗を増やし2008年に門崎を設立。「門崎熟成肉」の卸・加工、飲食店運営サポートも行う。通称「肉おじさん」。

店舗休業でも生産者を救う

──門崎は飲食店・卸売・ECと3つの柱で事業展開をしています。昨今は飲食業界を新型コロナが直撃するなか、ECに力を入れていますね。

当社は約20年前の開業時から「日本の食の未来をクリエイトする」をコンセプトに、食を通じたイノベーションの創出を目指してきました。私の地元でもある岩手県一関市に本社を置き、オリジナルの「門崎熟成肉」や「いわて南牛」というブランド肉を販売してきました。

大切にしているのは、できるだけ生産者に売上を還元すること。積極的なマーケティング活動で肉の価値向上と需要の増加を図っています。

ところが、新型コロナの影響で「生産者への還元」が危ぶまれる事態となりました。当社は4月2日から都内で運営する「格之進」の9店舗を休業することが決まり、牛肉の生産者から仕入れができなくなったからです。牛は生き物なので出荷時期を調整できません。種付けから約40カ月間育ててきた牛の販路が絶たれれば、生産者の大きな損失につながります。

そこで、畜産農家を支援しようと休業当日にECサイトで特設ページ「おうちで格之進」を開設しました。店舗と同じお肉を自宅でも味わっていただこうと、「焼肉セット(1kg)」(税込9801円*)や「薫格 黒毛和牛焼肉セット(1kg)」(税込2万7000円*)などを販売しています。

価格は2020年5月現在

この取り組みが軌道に乗り、当社のECサイト「格之進 オンラインストア」の売上が跳ね上がりました。2020年2月の売上を基準とした場合、3月は6倍、4月は21倍に達しています。

オンライン肉会
「肉おじさん」こと千葉氏などが、自宅のホットプレートでもお肉を美味しく焼く秘訣を伝授。カット肉を重ねながら焼く「プール焼き理論」や塊肉の肉汁が流れ出さないように焼く「水風船理論」などを解説する。


ECサイト
4月2日、ECサイトに特設ページ「おうちで格之進」をオープン。焼肉用の牛肉だけでなく、自社工場で製造したハンバーグも販売する。5月19日現在、注文が殺到した影響で発送まで1カ月以上待ちの状態に。

Facebookで年間数千万売上

──どれも高価格帯の商品ですが、これほど売り伸ばしている理由は。

長年取り組んできたO2O施策が実を結んだのだと思います。

格之進の店舗では、エンタメ性の高い店舗体験を重視してきました...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

逆風下の販促戦略の記事一覧

逆風下の販促戦略の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する