販売促進の専門メディア

Topics Recap

フードサプライ「ドライブスルー八百屋」 塚田農場がOisixで食材販売ほか

【新規事業】
外食向け青果卸が「ドライブスルー八百屋」予約呼びかけも人気加熱


外食などの事業者と農家を仲介するフードサプライ(東京・大田)は4月9日、「ドライブスルー八百屋」と掲げた取り組みを開始した。東京都大田区と千葉県野田市にある同社の物流センターを活用し、クルマで乗り付けた消費者に、国産米5キログラムを含む産地直送の玉子や野菜の詰め合わせを5000円で販売している。国産米を除いた野菜のみのセット(3500円)もある。乗車したまま購入すると、スタッフがそのままトランクに積み込むため、人との接触が最小限で済む。

4月9日は限定200セットで実施したところ、反響が大きく、セット数を増やした。例として挙がっている内容は、キャベツ(鹿児島県)、新玉ねぎ(佐賀県)、新じゃがいも(鹿児島県)、新人参(徳島県)など18種類。りんごやバナナ、ゴールドキウイもある。

完売後の来場や、混雑防止のために予約を呼びかけているが、道路渋滞が起きてしまうなど、人気が加熱している。4月21日、25日は事前予約分で完売する時間帯も出た。走りながらのサービス整備を続けているようだ。

フードサプライは、生産者と、外食、中食、介護食などの事業者を仲介し、産地直送野菜を卸している企業。特に外食産業は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止で外出自粛が叫ばれ、休業やテイクアウトのみへの転換を強いられている。

【eコマース】
塚田農場の食材、Oisixで販売串カツ田中の10本セットも


オイシックス・ラ・大地は4月15日、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、休業を余儀なくされる外食業への支援を開始したと発表した。第1弾として...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Topics Recap の記事一覧

飲食店の屋内原則禁煙 消費者の反応は?
スノーピークやライフなど各社がeコマースサービスを拡充
フードサプライ「ドライブスルー八百屋」 塚田農場がOisixで食材販売ほか(この記事です)
店舗に水耕栽培の野菜工場 西友、店産店消のレタスを発売
小売のサブスク「b8ta」 丸井グループやカインズが提携ほか
ダイエットの成否、意識の仕方で変わる 栄養素や生活改善の着眼点
東急ハンズと近鉄百貨店が協業 草津店にコラボ店舗
第58回JAA広告賞グランプリ 屋外・交通広告では南海電鉄
キャッシュレス利用者は消費増税で増えたのか
ネット広告に半数が「不快感」ほか19年12月のトピックス
KDDI、ローソンと次世代型コンビニほか12月のトピックス
ライブコマースの利用意向、買いたいものは?
民放各社のネット配信動画に広告出稿ほか11月のトピックス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する