販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

私たちが一緒に働くとき、私たちが共有しているもの

朱 喜哲(哲学者/プランナー)

(写真=123RF)

2020年春、日本は新感染症の世界的な拡大という、少し前には想像できなかった事態の渦中にある。前回、「分業」と「協業」についてマルクスを参照したが、私たちの「働き方」にも大きな変化が生じている。

つい先日まで、一緒に働く同僚たちと同じオフィスで空間を共有しているのが日常だった。しかし、その日常は失われてしまった。マルクスの時代とは比較にならないほどICT環境が充実し、私たちは空間を隔てた協働にも慣れていたはずである。それなのに、職場に行けないというだけのことで思いがけない孤立感を抱いている方も少なくないはずだ。どうすれば、その孤立感を癒すことができるだろう。

研究の世界でもラボ単位で協働する分野は多いが、哲学など人文社会系では多くの場合ひとりで仕事をする。同じ職場に協働を行うような同僚が在籍することはまずない。そんな哲学者たちが、「一緒に働いて」いる仲間たちと何を共有していると考えているかを問うことは、そのヒントになるかもしれない...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

受け取るものは「わたし」にかかっている
私たちが一緒に働くとき、私たちが共有しているもの(この記事です)
唯我独尊と多様性
「分業」と「協業」
いつまでも……という願いを煽る傍らで
概念と倫理
準備と本番に優劣はあるのだろうか
概念のエンジニアリング
倫理学のしごと
めでたくもありめでたくもなしの絶妙さ
倫理的・法的・社会的な課題(ELSI)
思考と動きをゆっくりにしてみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する