販売促進の専門メディア

経営トップ 販促発想の着眼点

県内シェア1位カメラ専門店 写真プリント事業に特化へ

サトーカメラ

ユニークかつ効果的なプロモーションを展開する企業のトップに、どのような視点で販促を考え、展開しているのかを聞く。

サトーカメラ本店
JR宇都宮駅から車で5分ほどの場所にある。本店では、カメラなど撮影機材の販売、写真プリント、撮影スタジオの3事業を展開している。

来店客に「ノー」と答えない 接客が2時間以上にわたることも

サトーカメラ 代表取締役 副社長
佐藤 勝人氏

1964年、栃木県生まれ。1988年、家業のカメラ店を兄弟で継ぎ、社員ゼロからスタート。現在は同社代表取締役副社長。作新学院大学 客員教授、宇都宮メディアアーツ専門学校 特別講師も務める。実務家としての経験をもとに、この20年間は副業の経営コンサルタントとしても活躍。年間200件を超える講演、セミナー、個別支援を全国に出向き行う。

栃木県宇都宮市に本店を置くサトーカメラは1988年、現在の社長と副社長の兄弟が、家業のカメラ店から地域密着型のカメラ専門店チェーンに業態を変え、社員ゼロからスタートした。現在は栃木県内に12店舗を展開する。

家業を受け継いだときは、カメラ専門店としては最後発組。大手ではやらない地域密着型経営を続け、県内では圧倒的な販売力を誇っている。

「2008年の総務省の調べでは、栃木県はカメラ・レンズの消費量が全国1位で、全国平均の3倍以上と発表されました。当社の販売台数から算出しますと、栃木県カメラ市場の大きな部分を、当社が占めていることがわかりました。現在でも、おかげさまでそれは変わっておりません」(サトーカメラ 代表取締役 佐藤勝人副社長)

サトーカメラの発展の原動力は、店舗スタッフと顧客との徹底した関係づくりだ。サトーカメラの企業理念は「想い出をキレイに一生残すために」(ママ)。カメラなど撮影機材の販売だけでなく、写真プリントも事業の大きな柱となっている。スタッフは来店客のカメラ選びを手伝ったり、プリントする写真を一緒に選んだりと、2時間以上接客することも珍しくない。

「スタッフには、お客さまのご要望がに『ノー』と答えないよう指導しています。『何でもします』という姿勢です。それはエリアを絞り込んでるからできること。何でもやるなんて非効率ですから、大手はやりません。うちはとことんやります。お客さまはこれからも地元に10年、20年と住む方々です。そうした皆さまと信頼関係を結ぶことは、商売において大事なことです」 …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経営トップ 販促発想の着眼点 の記事一覧

県内シェア1位カメラ専門店 写真プリント事業に特化へ(この記事です)
カード販売&オンデマンド生産 コンサートグッズの販売革命
国内最大級120万点を常時在庫 価格が付かない古本も次の読み手へ
ビジネスモデルを成果型にチェンジ 事業成長の礎をつくる
デザインの力でシニアブランドを若返らせる
言葉がけで顧客をファン化 リピート率80%以上

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する