販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

唯我独尊と多様性

宇野 全智(禅僧/曹洞宗総合研究センター研究員)

(写真=123RF)

4月8日は、仏教の開祖釈尊の誕生日です。全国の寺院では「降誕会」(ごうたんえ)または「花まつり」としてお祝いの法要が行われます。いまから2500年前、シャカ族の王子として生まれた釈尊は誕生後すぐに7歩進み、右手で天を、左手で地を指さして「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と宣言されたと伝えられています。

もちろん、生身の人間としての誕生ですから、この伝承は状況的事実というよりも、後に加えられた装飾的な物語とは思います(仏教は本質的に、奇跡の類のものは重要視しない宗教です)。「人は誰しもが、誰にも代わることのできない、かけがえのない生命を生きている」という仏教の生命観・人間観を端的に示す言葉として、大切にされるに至りました …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

唯我独尊と多様性(この記事です)
「分業」と「協業」
いつまでも……という願いを煽る傍らで
概念と倫理
準備と本番に優劣はあるのだろうか
概念のエンジニアリング
倫理学のしごと
めでたくもありめでたくもなしの絶妙さ
倫理的・法的・社会的な課題(ELSI)
思考と動きをゆっくりにしてみる
伝えた内容、言葉は誰のものか
「倫理」とデータビジネス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する