販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

概念のエンジニアリング

朱 喜哲(哲学者/プランナー)

概念とは、いわば道具である(写真=123RF)

2019年、「哲学のしごと」として注目されたのが「概念工学(Conceptual Engineering)」だった(1)。工学は「モノ」をつくったり操作したり改良するための方法論と技術を提供する学問である。同じように、哲学は「概念」についてのエンジニアリングに携わる学問だというのである。

1 戸田山和久・唐沢さおり編著(2019)『<概念工学>宣言!』、名古屋大学出版会が代表例である。

概念工学というアイデアは、今世紀に入って英語圏の哲学界でも盛んに論じられてきた …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

準備と本番に優劣はあるのだろうか
概念のエンジニアリング(この記事です)
倫理学のしごと
めでたくもありめでたくもなしの絶妙さ
倫理的・法的・社会的な課題(ELSI)
思考と動きをゆっくりにしてみる
伝えた内容、言葉は誰のものか
「倫理」とデータビジネス
薬を飲むか飲まないかは誰が決めるのか
反事実条件的因果とN1マーケティング
情報や人とのつながりを手放す
MMM分析とバートランド・ラッセル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する