販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

倫理学のしごと

朱 喜哲(哲学者/プランナー)

私たちはじつのところ何をわるいと思っているのか──基準を明晰に示すのは難しい。写真はメートル原器。

昨回、データビジネスにおける課題として「ELSI(倫理・法・社会的な課題)」を紹介した。なかでも「倫理」には、日本語では偏ったイメージが伴いがちである。そこで今回は、倫理学という学問が何をやっているのかを少し紹介したい。(1)

1 今回の原稿執筆に当たっては、本職の倫理学者である石田柊氏(ストックホルム大学)、長門裕介氏(慶應義塾大学)から教わったところが大きい。文責は筆者にあるが、感謝して名前を記します …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

倫理学のしごと(この記事です)
めでたくもありめでたくもなしの絶妙さ
倫理的・法的・社会的な課題(ELSI)
思考と動きをゆっくりにしてみる
伝えた内容、言葉は誰のものか
「倫理」とデータビジネス
薬を飲むか飲まないかは誰が決めるのか
反事実条件的因果とN1マーケティング
情報や人とのつながりを手放す
MMM分析とバートランド・ラッセル
適切なプロセスによって初めてわかること
「因果」の哲学

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する