販売促進の専門メディア

店舗のメディア化で変わる売り方

本を売る場から生活提案の場へ

TSUTAYA BOOKSTORE 南港店

開発が進み、ニューファミリー層が増加する「台湾・南港エリア」。その地域のニーズに対応するようにオープンしたのが「TSUTAYA BOOKSTORE 南港店」だ。単なる書店ではなく、生活提案の場として運営している。

「TSUTAYA BOOKSTORE 南港店」の内観。台湾での同社のパートナシップ企業である潤泰グループ(RUENTEX GROUP)が運営する商業施設「CITY LINK南港店」に入る。

オープンから満員状態 家族で過ごせるキッズエリア

TSUTAYAとその子会社である臺灣蔦屋股份有限公司(台湾・臺北市)は2019年12月16日、「TSUTAYA BOOKSTORE 南港店」をオープンした。台湾では5店舗め。書店とカフェを組み合わせた店舗で、「他にはない『子どもとの時間』を提案する生活提案型書店」をコンセプトとしている。店舗面積は約500坪で、台湾の「TSUTAYA BOOKSTORE」ブランドでは最大規模となる。

児童書は近隣の書店の中でも最多クラスの品揃え。台湾の「TSUTAYA BOOKSTORE」では初となるキッズエリアも設けた …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

店舗のメディア化で変わる売り方の記事一覧

店舗のメディア化で変わる売り方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する