販売促進の専門メディア

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

世界の『買い物消費高』を上げる

古田奎輔氏(Payke)

バーコード1つで、商品の情報を多言語で表示するアプリ「Payke(ペイク)」。現在、約1200社が利用し、約35万点の商品データが登録されている。それは、店頭にある商品をメディア化するツールであり、「言語の壁」を越えて商品の魅力やストーリーを伝え、世界中で新たな消費を喚起する。

商品パッケージのバーコードをスマホでスキャンすると、商品の情報が表示される。対応言語は7つ。

Paykeの東京オフィス。エントランスやミーティングルームは、創業の地である沖縄が感じられることをコンセプトにデザインしている …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

世界の『買い物消費高』を上げる(この記事です)
これからの100年も愛され続ける商品づくり
世界のスパ文化を日本へ スパビジネスで地域活性化
地域の豊かさを可視化
顧客基盤を持つ異業種と連携
ブランドを付け替え、服を再販

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する