販売促進の専門メディア

インストア動画アワード

インストア動画アワード 全国約1000店で配信

エバラ食品工業

ことし4月に、店頭で人を動かすクリエイティブを発掘することを目的として開始された「インストア動画アワード」。9月には受賞作品が店頭で実際に配信された。

店頭で配信された「肉ファミリーのテーマ♪(週末篇)」

自由な発想で制作 インストア動画の可能性を探る

エバラ食品工業(エバラ食品)と『販促会議』はことし4月、「インストア動画アワード」を初開催した。店頭のメディア化が進む中で、動画活用の余地は、大きく残る開拓地。実際に、どのような動画が“売れる”のかを模索し、店頭の活性化を図ることを目的とした。

今回は、「30歳代~40歳代に『黄金の味』の価値が伝わる企画」という課題に対して、セールスプロモーションを手がける企業を中心に、6社が参加。課題解決のためのインストア動画を自由な発想で制作した。結果、グランプリを受賞した「食欲レシピ」篇(制作=CyberBull)、ゴールドを受賞した「肉ファミリーのテーマ♪(週末篇)」(制作=フラクタル)、シルバーを受賞した「エバラ 黄金の味で献立ルーレット」(制作=スコープ)の内、「肉ファミリーのテーマ♪(週末篇)」が実際に「cookpad storeTV」で配信された。

店頭の配信期間は、9月23日~9月29日の1週間。店舗数は全国の約1000店舗で配信された。

エバラ食品工業からのコメント

まずは動画を制作していただいた皆さまと、宣伝会議社の方々へお礼を申し上げます。このような機会をいただきありがとうございます。

今回の企画では日々、業務で商品に向き合っているメーカーでは気づかない、新たな視点を得ることができました。

すでに当社の商品をご購入いただいているお客さまへはもちろん、未購入のお客さまへも、動画を通じてわかりやすく商品特徴と多彩な料理に使えることを訴求できたと感じています。

店頭はお客さまと商品が実際に出会う重要な場です。CMやWeb広告などで当社の情報にふれたお客さまに、店頭で商品を手に取っていただくためにも、直感的に伝わる動画は大変効果的だと感じています。

商品のコモディティ化が進むなか、1人でも多くのお客さまに当社商品をお選びいただくためにも、今後とも動画コンテンツを含めて店頭でのプロモーションに力を入れていきたいと考えています。

宣伝企画課 課長 大野木勝浩 氏

インストア動画アワード の記事一覧

インストア動画アワード 全国約1000店で配信(この記事です)
サイネージが売り場の課題を解決へ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する