販売促進の専門メディア

Topics Recap

アマゾン、自社で宅配ロッカーを導入 年内に200カ所設置へ

広告界の動向、ビジネスニュース、販売促進に関する新製品、新サービス、イベントなどの最新情報をコンパクトにお届けします。

【EC】
アマゾン、自社で宅配ロッカーを導入 年内に200カ所設置へ


アマゾンジャパンは9月18日、商品を受け取るための新しいサービスとして「Amazon Hub(アマゾン・ハブ)」を日本に導入した。再配達を軽減し、ドライバーの負担を軽くし、商品受け取りの際の利便性を高める狙い。まずは、店舗や駅などで受け取れるセルフサービス「Amazon Hub ロッカー」と、店舗スタッフの受け渡しによる「Amazon Hub カウンター」を東京都、神奈川県の数十カ所に設置する。

年内には、ファミリーマートや小田急電鉄、富士シティオ、昭和女子大学、東京海上日動火災保険、ecbo、りらく、大学生協事業連合など、東京都、神奈川県を中心とした約200カ所へ拡大する。

「Amazon Hub」は、すべての顧客が追加費不要で利用できる。「Amazon Hub ロッカー」を利用する際は、商品の受け取り希望のロッカーを選択。配達後に届くメールに記載されたバーコードを、ロッカーのスキャナーで読み取ると開錠され、商品を受け取れるしくみ。

「Amazon Hub カウンター」は、対象店舗でスタッフから商品を受け取れるサービス。ロッカーと同様に、メールに記載されているバーコードを店舗のスタッフに見せると、商品を受け取ることができる。

【事前決済型店舗】
駅ナカに事前決済型の新店舗 人気店の商品を待ち時間なしで


阪急阪神ホールディングスとライフデザイン阪急阪神は10月1日、テイクアウト商品の事前注文・決済アプリ「Picks(ピックス)」を利用した新店舗「TORiCLO(とりクロ)」を、阪急電鉄・大阪梅田駅にオープンした …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Topics Recap の記事一覧

スマホ決済、非利用者の不安材料1位は「セキュリティ」
アマゾン「置き配指定サービス」の利便性向上目的に岐阜県多治見市で実証実験
アマゾン、自社で宅配ロッカーを導入 年内に200カ所設置へ(この記事です)
現地観戦よりテレビ・ネット観戦が人気「around20女子」8割が五輪に期待
日本コカ・コーラとアイエヌイーが新会社「CHILL OUT」販売へ
猛暑の中でも別世界を体感「めちゃ冷えタクシー」を配車
ECと実店舗 両方利用が8割 店舗では食料品、ECでは家電を希望
くら寿司が「スマホdeくら」サービス開始 スマホからメニュー注文も可能に
キャッシュレス対応で社員食堂を無人化
「プレゼント・キャンペーン」に関する調査 直近1年で6割が応募経験あり
市場の拡大続くドラッグストア 大手の経営統合が進む
「eスポーツ」を新しい文化に 「全国高等学校eスポーツ連盟」が今夏設立
「No.1表示」を消費者はどう受け取る? 「人気がある」3割も「信ぴょう性に欠ける」4割

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する