販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

「どこで生まれたか」で見る目が変わる

ペプシコーラ「MADE IN HAWAII」/小川亮(プラグ)


ワイキキのコンビニエンスストアでペプシコーラを見つけた。私は普段、ペプシを飲むことはそれほどないのだが、ペプシブルーにロゴだけのシンプルなパッケージデザインの上部に"MADE IN HAWAII"と書かれていたことで、ふと購入してしまった。おだやかなハワイの人たちが、この島を吹き抜ける風の中、作ったペプシに違いない――などと、製造者たちを想像させる文言だった。

ハワイに限らず、地域ブランドには、商品ブランドとはまた別の力がある。

例えば日本では、北海道、京都、沖縄の3県は常に好意的なイメージを持たれる地域ブランドの御三家である。加えて、よりエリアを限定した横浜や函館、渋谷といった地域ブランドもあれば、関サバや米沢牛のように地域の名産品とセットで覚えられているケースもある。

地域ブランドというと、どうしてもそのエリアに本拠地を置くメーカーの戦略と位置づけがちだ。ここで対照的な存在であるナショナルブランドについて考えてみよう …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

「どこで生まれたか」で見る目が変わる(この記事です)
底面や個包装のデザインの力
環境を取り込むデジタルサイン
AIは精度だけでなく使う人の体験も考えるべき
「魅せる」ことを重要視する
商品を試したくなる、魅力的な店頭ツール
極上の香るジャム マニキュアスタイル
Webサービスを公共空間に
究極的に人間に残る価値とは?
日常を挑発するOOH
人間の考え方をAIに埋め込む

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する