販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

紙ワザが、ここまできた

パナソニック「ホームベーカリー」メニュー見本ディスプレイ/向坂文宏


実店舗の特徴のひとつは、「商品の実物に触れられる」ことだ。商品を体験できるだけでなく、さらには、その商品がある生活の一場面をリアルに再現することもできる。こうした施策には、買い物をする場としての、実店舗の面目躍如たるものがある。

しかし、生活シーンを再現する施策はコストがかさみがちだ。そこで今回は、この課題をクリアしつつ、リアルなディスプレイを実現していた施策を紹介したいと思う。

パナソニックの「ホームベーカリー」は、「ワンランク上のおいしいパンが作れる」をセールスポイントとする調理家電である。「パン・ド・ミ 搭載」とうたい、パリッとしたクラスト(皮)に包まれた、理想的な食感や味わいのクラム(中身)を持つパンを簡単につくれる点が売りだ。マーブルパンやフランスパン、ピザなどのさまざまな生地を扱えるほか、甘酒、ミルクジャム、うどんやパスタづくりなども楽しめる。多彩な調理機能によって華やかな食卓を実現できることが魅力の商品だ …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

OOH×位置情報の可能性
はるやまHD「AIは打ち出の小槌ではない」
紙ワザが、ここまできた(この記事です)
「どこで生まれたか」で見る目が変わる
底面や個包装のデザインの力
環境を取り込むデジタルサイン
AIは精度だけでなく使う人の体験も考えるべき
「魅せる」ことを重要視する
商品を試したくなる、魅力的な店頭ツール
極上の香るジャム マニキュアスタイル
Webサービスを公共空間に
究極的に人間に残る価値とは?
日常を挑発するOOH
人間の考え方をAIに埋め込む

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する