販売促進の専門メディア

REPORT

国内宅配ピザ業界で売り上げと店舗数が1位に

ドミノ・ピザ ジャパン

ドミノ・ピザ ジャパンは7月2日、事業戦略発表会を実施。代表取締役社長のジョシュア・キリムニック氏が登壇し、国内の宅配ピザ業界で売り上げと店舗数が1位になったことを発表した。また同日、国内600店めである「ドミノ・ピザ 銀座店」をオープン。ピザ製造から提供までの時間の短縮にさらに注力するという。

事業戦略発表会に登壇した代表取締役社長のジョシュア・キリムニック氏は「お客さまへの対応や品質、安全に妥協はしない。効率よく最短の時間でピザをお届けしたい」と話す。

国内1000店舗、10分以内のデリバリー目指す

ドミノ・ピザ ジャパン(東京・千代田)は7月2日、国内600店舗めとなるドミノ・ピザ 銀座店をオープン。これにともない、国内のピザデリバリー業界において売り上げと店舗数がともに1位となったことを事業戦略発表会にて公表した。

ドミノ・ピザは、1985年に日本初の宅配ピザチェーンとして1店舗めを恵比寿にオープン。以降、店舗数を順調に伸ばし、2017年に500店舗を達成した。今後の計画として、2020年に700店舗、さらにその先の2025年~28年には1000店舗を目指すとしている。

「もちろん、出店数を増やすことだけが我々の目的ではありません」と、ドミノ・ピザ ジャパン代表取締役社長のジョシュア・キリムニック氏は話す。

同社はこれまで、できたてのピザをいち早く配達することにこだわり、ネット注文したピザが現在どのような状況なのか、製造状況や配達状況、配達の道順までをリアルタイムで追跡できる「GPS DRIVER TRACKER」や、注文金額に200円を上乗せするとピザづくりから配達までの時間が20分以内になる「ミッション20ミニッツ」など、さまざまな施策を実施 …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

アジア旗艦店「ラッシュ 新宿店」年商は15〜22.5億円を見込む
国内宅配ピザ業界で売り上げと店舗数が1位に(この記事です)
スマホからの事前注文・決済で店舗の行列緩和へ
2019年戦略発表会実施 18年度振り返り「最高の出来」
「日本のECは米国級になりうる」 Shopify日本法人代表
「神泡」プロモーション軸に前年比101%の販売目指す

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する