販売促進の専門メディア

REPORT

スマホからの事前注文・決済で店舗の行列緩和へ

スターバックス コーヒー ジャパン

スターバックス コーヒー ジャパンは6月25日、「TO GO 強化戦略」と「モバイルオーダー&ペイ」に関する記者発表会を開催した。同社チーフ マーケティング オフィサーの森井久恵氏と、デジタル戦略本部長の濱野努氏が登壇。消費者のニーズの変化に応じたサービスを導入し、店舗利用の利便性を高めていく。

「モバイルオーダー&ペイ」で事前注文・決済を行った商品を、店頭で提供。ラベルの「パナマ*39」とは、受付番号。コーヒーの産地名を組み込んだ。

消費者ニーズの変化ふまえ「TO GO」を強化

スターバックス コーヒー ジャパン(東京・品川)は6月26日より、公式アプリを通じて注文と決済を事前に行い、店舗で商品を受け取れるサービズ「Mobile Order & Pay(モバイルオーダー&ペイ)を開始した。大手町・丸の内エリアを含む東京都内の56店舗が対象。2020年内に全国店舗での展開を目指す。

6月25日に開催された記者発表会ではまず、チーフ マーケティング オフィサーの森井久恵氏が「TO GO 強化戦略」について発表した。

「消費者のライフスタイルは多様化しており、マルチワークやモバイルワーク、キャッシュレス化の浸透などにより、お客さまのニーズも変化しています …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

アジア旗艦店「ラッシュ 新宿店」年商は15〜22.5億円を見込む
国内宅配ピザ業界で売り上げと店舗数が1位に
スマホからの事前注文・決済で店舗の行列緩和へ(この記事です)
2019年戦略発表会実施 18年度振り返り「最高の出来」
「日本のECは米国級になりうる」 Shopify日本法人代表
「神泡」プロモーション軸に前年比101%の販売目指す

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する