販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

底面や個包装のデザインの力

日本ペットフード「コンボ プレゼント」/小川亮(プラグ)


パッケージには表示面がいくつか存在する。袋ものであれば表面のほかに裏面や左右の側面、底面の5面。箱物であれば、天面を加え表現できる面は6面ある。通常パッケージデザインというと表面のグラフィックが話題になることが多い。しかし、5面もしくは6面すべてを活用できれば、購入時のインパクトを大きくしたり、商品理解を促したりする上でも有効だろう。購入後も商品の使い方についてのコミュニケーションに活用できる。

日本ペットフードの猫用フードブランドである「コンボ プレゼント キャット」には、こうしたパッケージデザインの力を最大限に活用しようとする工夫が見られる。まず、このパッケージのユニークな点は、底面に猫の表情をレイアウトしているところだ。これが、さまざまな形で商品陳列がされる売り場において、力を発揮する。

たとえば売り場で、寝かせて並べられた状態では、底面の猫が来店客を見つめているような光景が生まれ、圧倒的な存在感を放つ。さらに、正面を向けて陳列された商品の上の段に寝かせて置くと、底面と表面がつながり、猫の顔全体が完成するという演出もできる …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

底面や個包装のデザインの力(この記事です)
環境を取り込むデジタルサイン
AIは精度だけでなく使う人の体験も考えるべき
「魅せる」ことを重要視する
商品を試したくなる、魅力的な店頭ツール
極上の香るジャム マニキュアスタイル
Webサービスを公共空間に
究極的に人間に残る価値とは?
日常を挑発するOOH
人間の考え方をAIに埋め込む
従来手法をバージョンアップする
デザイン力のある会社とは
OOHで機をとらえる
新しい顧客体験のデザイン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する