販売促進の専門メディア

増税を乗り越える!店頭コラボで競争力アップ

出店先の近さを生かした施策で相互送客図る

串カツ田中 × オオゼキ

飲食店と小売りの珍しいコラボレーションが実現した。串カツ田中とオオゼキによる施策だ。一方はいわゆる居酒屋、もう一方はスーパーマーケット。見ようによっては外食と中食で、一見競合のようにも見える二社。協業のねらいとは。


[「串カツ田中」のお食事券を当てよう!キャンペーン]

オオゼキから串カツ田中へ 地域密着型2店で相互送客

串カツ居酒屋チェーンの串カツ田中ホールディングス(東京・品川)と、スーパーマーケットチェーンのオオゼキ(同・世田谷)が、相互送客を目的としたコラボレーション企画を実施した。

オオゼキでサントリー酒類の商品を含む合計1000円以上(税込)を購入し、アプリもしくはハガキで応募。すると抽選で、「串カツ田中」の食事券2000円分(A賞)が100人に、串カツ田中で使われている特製「チンチロリン メガジョッキ」(B賞)が30人に、オオゼキの商品券2000円(C賞)が100人に当たるという内容だ。

応募対象となるのは3月1日~3月31日の購入分とした。オオゼキでの購入者が「串カツ田中」に赴く動機づけとなる「A賞」への応募総数は、774通。当選者100人が実際に来店するかどうかは、食事券の期限である7月31日以降、明らかとなる。

両社が出会ったきっかけは、串カツ田中が2018年12月に開催した「10周年記念世田谷店鏡割りイベント」だった。そこに訪れたのが、「串カツ田中のファン」というオオゼキの渡邊正樹氏(営業本部第二商品本部副本部長)だった …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

増税を乗り越える!店頭コラボで競争力アップの記事一覧

増税を乗り越える!店頭コラボで競争力アップの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する