販売促進の専門メディア

顧客と成長する北米ブランド

自宅をフィットネスジムにする インタラクティブな鏡「MIRROR」 競合はジムではなく、スマホやPC?

Brynn Putnam氏(MIRROR)

ニューヨーク発のD to C企業・MIRROR(ミラー)は、家に1枚の鏡を置くだけで、まるでその場がジムのようになるサービスを生み出した。

COMPANY NAME MIRROR
COUNTRY New York/U.S.A.

    What’s MIRROR?

    2018年創業。フィットネス機器「MIRROR」の製造・販売を行い、月額39ドルのサブスクリプション形式でコンテンツ配信する。

インタラクティブな鏡「MIRROR」とは?

ミラーは2018年にアメリカ・ニューヨーク州で創業した、フィットネス機器を製造・販売する新興企業だ。同社は18年9月に、ブランドの核となる商品を発売した。一見するとふつうの姿見鏡にしか見えないフィットネス機器「MIRROR」だ。

もちろん、ただの鏡ではない。その鏡面は、スマートフォンのアプリを通してコントロールできるスクリーンになっており、複数のインストラクターによるフィットネスのレッスン動画を視聴できる。ユーザーがレッスンを受ける際は、インストラクターと向き合う格好となり、両者が同時にスクリーンに映るようになっている。

動画はニューヨークの制作スタジオで撮影したものを、週に50本以上配信。ジャンルはカーディオ・エクササイズ(有酸素運動)をはじめ、筋トレやヨガ、ピラティス、バレエ、ボクシング、ストレッチなどを用意した。

レベルは、「初心者」から「達人」までの4種類から選べる。動画はリアルタイム配信後もオンデマンドで視聴できるため、わざわざジムに行かなくても、好きなときに自宅で体を動かせる。

さらに注目すべきは...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客と成長する北米ブランド の記事一覧

加速するD to Cブランドの実店舗出店 ニューヨークの最新事例から
本格ラーメンのミールキットをD to Cで販売 Ramen Heroの勝算
カナダ発 D to C家具ブランド「Article」データ活用で顧客体験を最適化
自宅をフィットネスジムにする インタラクティブな鏡「MIRROR」 競合はジムではなく、スマホやPC?(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する