販売促進の専門メディア

AdverTimes DAYS レポート

進むパーソナライゼーション ポイントは寄り添うマーケティング

ジョンソン・エンド・ジョンソン×資生堂ジャパン

顧客のニーズが多様化する中で、企業はより顧客に寄り添ったコミュニケーションが必要になっている。本セミナーでは、商品購買前と購買後のパーソナライゼーションという二つの視点について、ジョンソン・エンド・ジョンソンの宮野淳子氏と資生堂ジャパンの川崎道文氏が対談した。

宮野氏は「アキュビュー」の事例を挙げ、「コンタクトレンズは、ユーザーごとにさまざまな装用シーンがあるため、購入サイクルに合わせたリピート施策を行うのが難しい。消費者が明確な購買動機を抱いていないタイミングでアプローチしてしまうと、ブランドイメージの低下を招きかねない」と話す …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

AdverTimes DAYS レポート の記事一覧

顧客視点のサービス開発 既存事業から独立させることが鍵
進むパーソナライゼーション ポイントは寄り添うマーケティング(この記事です)
新市場参入の鍵は「商品コンセプト」と「PRストーリー」づくり
人を動かす「理由」の正しい使い方 スポーツから学ぶコミュニケーション

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する