販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

従来手法をバージョンアップする

パナソニック エオリア 壁面展示ツール


店頭ならではの商品訴求の方法として、デジタルサイネージやバーチャルリアリティ、プロジェクションマッピングなど、デジタル手法を取り入れた店頭ツールをよく目にするようになった。その役割は、商品の存在を知らしめるもの、商品を疑似体験させ、興味を持たせるものなど、多種多様である。こうしたデジタル技術の進化による商品訴求は、コストや運用面で課題はあるものの、エンターテインメント性も取り入れられることで新たな買い物体験を提供する施策として注目されることが多い。

一方、従来から実店舗ならではの表現手法として採用されることが多い「光」や「音」、「動き」などを伴った店頭ツールは、多くの買い物客や店頭ツールなどで賑わう店頭では、その表現が埋もれてしまうことも少なくない …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

日常を挑発するOOH
人間の考え方をAIに埋め込む
従来手法をバージョンアップする(この記事です)
デザイン力のある会社とは
OOHで機をとらえる
新しい顧客体験のデザイン
店頭ツールで省人力化
触感という武器
公共アートをOOHメディアに
人間の価値が再定義される
強力なリマインドツール
パッケージ同士のチームワーク
見ている人を見られるメディア
AIは、人間の何を代替しようとしているか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する