販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

パッケージ同士のチームワーク

ヱビスビールのブランドファミリー


咋今は、ブランドを新たに打ち立てるよりも、既存ブランドの傘の下で商品を展開することで、売り場での露出を広げ、売り上げを拡大しようという傾向が見られる。季節やエリアを限定した商品、カラー、サイズ、フレーバー展開など、各ブランドがさまざまな切り口で新商品を展開している。

長年投資してきたブランドの名を冠することで、新商品の価値を「保証」しようというわけだ。新商品なのに見向きもされない、というリスクを減らせるし、ファンが付いていれば話題性もある。

一つひとつのパッケージデザインの切り口や評価も大切だが、こうした商品群のデザインには、一貫性を持たせることが重要だ。

既存ブランドの一員である以上、そのブランドの世界を壊すわけにはいかない。一方で、新商品としての"新しい"魅力も伝えねばならない。しかし、既存商品のパッケージに似すぎていると新商品だと気づいてもらえないし、斬新すぎると別のブランドに見えてしまう。個性と一貫性を両立させるのはデザイン制作上、なかなか難しい …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

公共アートをOOHメディアに
人間の価値が再定義される
強力なリマインドツール
パッケージ同士のチームワーク(この記事です)
見ている人を見られるメディア
AIは、人間の何を代替しようとしているか
進化する、定番ツール
彩りと物語を与えるメタファー
AIは日本の小売業を救えるか?
売るものは、よりよい観劇体験
「自信あふれる濃厚さ」が秋冬パッケージトレンド
AI活用のカギとなるふたつの質問
訴求する場所は、まだまだ工夫できる
経験価値とパッケージデザイン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する