販売促進の専門メディア

企画力のレベルアップ

空のチキンバスケットをライブ販売「KFC TV ショッピング」

RODNYA Creative Agency

いくら国際化が進めども、その国独自の文化やその時々の流行があり、私たちはいつの間にか、それにとらわれている、なんてことも。プロモーションでも同様だ。窓を開けて新しい空気を取り込むことで、予想外のアイデアが生まれるかもしれない。ロシアのRODNYAに取材をした。

約800万人が番組を視聴し、53万1000人がサイトを訪れ、2447個が完全に売り切れとなった

ただの「おまけのバスケット」に価値を与える

ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の「チキンバスケット」は、1957年にブランド創設者のカーネル・サンダースが提供を開始した。それから約60年、現在では厚紙製となり、デザインも変わったが、依然としてKFCのアイコニックなパッケージであることに変わりはない。

その誕生60年を祝うべく、KFCは限定デザインのスチール製のバスケットを制作し、通常と同様にチキンを入れて販売することにした。バスケットを持参することにより、購入金額をいつでも30%オフする特典もつけた。

「60周年記念のバスケットは、いちど購入されれば、少なくとも1年間は購入者の家に保管されます。その人の目につくたびに、ブランドを強く印象付けますし、もちろんKFC店舗への来店促進に貢献する可能性もあります」(RODNYA Creative Agency・CEO兼創設者のSerafima Gurova氏) …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画力のレベルアップの記事一覧

企画力のレベルアップの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する