販売促進の専門メディア

テクノロジーとインサイトで描く マーケティングの未来予想図

「ハウスプリペイド」で消費者ロイヤルティを高める

濱田慶大氏(大日本印刷)

今月のテーマは

「ハウスプリペイド」

加速する決済のキャッシュレス化 注目される「ハウスプリペイド」

政府方針である「日本国内のキャッシュレス決済の比率を2025年までに40%に引き上げる」目標に対して、流通各社の対応が注目されます。

キャッシュレス決済には、クレジットカード、電子マネー、そして急速に普及しつつある二次元コードなどがあります。その他に、顧客囲い込みが可能な流通独自の「ハウスプリペイド」の導入も進んでいます。「ハウスプリペイド」は、ポイントカードの追加サービスとして多く採用されています。

「ハウスプリペイド」採用の事例

顧客の囲い込みや購買単価アップをはじめ施策効果も

DNPは「VALUE TACTiX(バリュータクティクス)」というハウスプリペイド決済サービスを提供しています。流通において「ハウスプリペイド」の導入は、レジ会計時間の短縮や釣銭準備時間の削減などによる業務改善、購入前チャージによるキャッシュフロー改善といったメリットがあります …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

テクノロジーとインサイトで描く マーケティングの未来予想図 の記事一覧

「ハウスプリペイド」で消費者ロイヤルティを高める(この記事です)
実店舗の売場でデジタルトランスフォーメーションを実現するには?
表記・表現の確認を正確かつ効率的に行いたい。その解決法とは?
「情報銀行」って?活用のモデルケース創出で活性化図る
実用化進む「バーチャルリアリティ」 省スペースで商品を疑似体験
データの時代だからこそ 新たな価値生む写真プリント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する