販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

世界7大都市をモチーフにしたボディソープ ユニリーバ「AXE」からリニューアル発売

ユニリーバ・ジャパン



ユニリーバ・ジャパンは2月25日、男性化粧品ブランド「AXE(アックス)」シリーズのボディソープをリニューアル発売する。20歳代男性をメインターゲットとし、「自然な香り」「肌へのメリット」を打ち出した商品とした。

「アックス ボディソープ」は2010年8月に発売以降、2018年12月までの間に、約1093万3000本を販売している。また、調査会社ユーロモニターの調べでは、2017年の小売金額(配荷店・出荷数ベース)で世界1位のブランドだという(Men’s ToiletriesカテゴリーのAxe・Lynx・Ego合計)。

リニューアルは3年ぶりで、今回はターゲット男性に人気の「海外旅行」をコンセプトとしたパッケージデザインの「シティデザインシリーズ」を期間限定で販売する。

パッケージデザインは世界の7大都市をモチーフとした。たとえば赤色をキーカラーとする「アックス ボディソープ エッセンス」は、イギリスのユニオン・ジャックの赤色を基調に、ロンドンをイメージしてデザイン。緑色の「アックス ボディソープ キロ」は、大自然を連想させるハワイがテーマ。そのほか、ニューヨーク、パリ、ソウルを加えた全5種類の限定パッケージを展開する。

また、フレグランス ボディスプレー全7種、シャンプー全2種でも、期間限定デザインを販売する。

「アックス ボディソープ」のプロモーションでは、2月25日から8月31日にかけ、「AXEと一緒に旅に出ようキャンペーン」を実施。旅行で訪れたい都市のパッケージを撮影し、「#axe旅」のハッシュタグを添えてTwitterかInstagramに投稿した人が対象となる。

撮影する画像は、「アックス ボディソープ」のWebサイトからダウンロードできるようにした。

当選者数は5組10人で、抽選で投稿した都市への航空券とホテル宿泊券をプレゼントする。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する