販売促進の専門メディア

AN EDITOR'S BOOKSHELF

視野が少し広がるかもしれない、1月の2冊

ある編集者が自腹で買った書籍から、ざらつき・引っかかり・読みがい・一見、販促と関係なさそうで、関係性を感じた本をご紹介していきます。

広告はアートなのか?あるいは広告がこれからたどる道

『アートとは何か 芸術の存在論と目的論』
アーサー・C・ダントー(著)、佐藤一進(訳)/人文書院/2600円+税

著者はアートを《受肉化された意味》で《うつつの夢》と定義する。前者はヨハネの福音書を思わせるが、「意味」を先行存在とする前提を無批判には受け入れづらい。他方、後者は実感しやすい …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する