販売促進の専門メディア

デジタル時代に顧客とつながる顧客シフト戦略

商品、ブランド体験を色濃く ショールーミング用店の事例紹介(2)

着物試着専門店 KIMONO MODERN the guide shop

店でありながら販売を主目的としないショールーミング用店舗。その出店意図は企業によってさまざまだ。店を広告塔としたり、気軽に商品の感触を確かめる場としたり。国内ではまだまだ実例の少ない常設ショールーミング用店舗の事例を紹介する。

【着物試着専門店 KIMONO MODERN the guide shop】
買わない罪悪感なくす

「『着物に興味はあるが、何から始めていいかわからない』『着付け教室に行ったら買わないといけなくなりそう』と心配する人が多い」。そう話すのは、着物のオンラインショップ「KIMONO MODERN(キモノモダン)」を運営するWITH THE MODERN(福岡市)の濱田友紀子社長だ。

WITH THE MODERNは2017年12月16日、福岡市内に「着物試着専門店 KIMONO MODERN the guide shop」をオープン。原則、店では着物を売らない。気軽に着物を試してほしいためだ。そのため店に来やすく「再来店するお客さまが多いのが実感としてある」(濱田社長) …

あと40%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル時代に顧客とつながる 顧客シフト戦略の記事一覧

デジタル時代に顧客とつながる 顧客シフト戦略の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する