販売促進の専門メディア

           

U35若手販促キーパーソン

壁を越えて見えてきた目標 新卒1期生、初の店長

DoCLASSE ミーツ国分寺店 店長 木村美子さん

販売・接客の現場で活躍する、35歳以下のキーパーソンたちに迫る本企画。これからの時代を担う彼ら・彼女らは、いまどんな思いを抱いて仕事に向き合っているのか。今回は「DoCLASSE ミーツ国分寺店」の店長、木村美子さん(26歳)だ。

ドゥクラッセ DoCLASSE ミーツ国分寺店 店長
木村美子(きむら・よしこ)さん

2017年4月入社。同年5月~8月に八重洲地下街店、9月~翌年3月に港北ノースポートモール店を経て、18年4月から現職。入社前に本社インベントリー部とカスタマーサービス部門にてインターンを経験。ドゥクラッセの新卒採用1期生の一人として運営に携わったセール品の催事店舗は、4回の開催いずれも前年比の売上高を更新した。

どこで働くかよりもどんなふうに働きたいか

「DoCLASSE(ドゥクラッセ)ミーツ国分寺店」は、三越伊勢丹ホールディングスがことし4月に開業した、新たな商業施設「ミーツ国分寺」にある店舗だ。

同施設は、JRと西武鉄道が乗り入れる国分寺駅に直結。両社合わせて、1日平均23万2000人が乗り降りする(2017年)。駅利用者の多さに対して、大きな商業施設が少なかった国分寺エリアに、満を持してオープンした。

自社はもちろん、出店先など多方面から期待がかかる店舗だが、その店長を務めるのが木村美子さん(26)。ドゥクラッセには2017年4月に入社、同社の新卒採用の1期生でもある。初の新卒社員で、新規開業した商業施設に入居する店舗の、初の店長と初めてづくしだ。

ドゥクラッセのどんな点が魅力的に映ったのか。志望した理由を尋ねると、木村さんは「たまたま就活生向けの情報サイトに載っていた、"前向きで、やんちゃな人を迎えたい"という言葉に、ずきゅんとやられたんです」と話す。

学生時代からアパレル好きで、ほかのブランドでのアルバイト経験もある木村さんだが、その分、業界の厳しさにも、早くから気づいていた。

「その時点で一度、『あきらめようかな……』と思っていました」

もっと安定している職業もあるのではないか、ほかにも興味を持てるものがあるのではないか─逡巡を経て、それでもとアパレル業界での就職活動に挑む。が、撃沈。

しかし、これが転機となった。

「そのとき初めて、どこに就職するかでなく、どんなふうに働きたいかを考えたんです。それで、"前向きで、やんちゃな人を迎えたい"というフレーズが目に飛び込んだのかも」

その後、採用説明会で自分に合っていることを確信。面接では、「自分のブランドを持ちたい」という夢を語った。

「……まあ、だいたいそういう反応が多いと言いますか、よくあるよ、とか、はいはいそうだよねって聞き流されるのがふつうなんですが、ドゥクラッセでは、『すてき』『応援するよ』『必要な力は全部身につくと思う』と言ってもらえて。それもすごいなと思いました」

それにしても、面接で、退職をうかがわせる人材の採用に抵抗はなかったのだろうか。ドゥクラッセ社長室広報の工藤芽生氏に確認すると、「当社としても、挑戦者を求めたいと考えていたため、問題ありません。むしろ、それくらい意思のある人を求めたいですし、優秀な人材を得られると思います」との答えだった。

「『DoCLASSE』は40歳代以上を主なターゲットとしたブランドなのですが、『若いのになぜ?』とも、よく聞かれます。ですが当ブランドには、日本の女性を元気にしたい、という理念があり、私もそうしたい。だからこそ仮にプライベートで着る服と違っても、『DoCLASSE』に対して愛を持てるし、自信を感じられるんです …」

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

U35若手販促キーパーソン の記事一覧

壁を越えて見えてきた目標 新卒1期生、初の店長(この記事です)
ロボットが店頭に立つ日が来ても楽しんでやっていけるはず
SNSで新しい感性を磨き 百貨店の固定観念を覆す売り場に
まったくの未経験から店長へ 東京・蔵前で存在感放つ店舗に
「第三の家」のような店に 行けば『ある』ことが絶対大事

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する