販売促進の専門メディア

Topics Recap

本を自動で貸し出すボックス オカムラ、学校やオフィスでの活用見込む ほか10月のトピックス

広告界の動向、ビジネスニュース、販売促進に関する新製品、新サービス、イベントなどの最新情報をコンパクトにお届けします。

【オフィス】
本を自動で貸し出すボックス
オカムラ、学校やオフィスでの活用見込む


オフィス関連用品や店舗関連機器を製造・販売するオカムラ(横浜市)は10月16日、本の貸し出しと返却ができるボックス型の無人機「Media Box(メディアボックス)」の発売を発表した。

ICカードで受付をし、タッチパネルモニターに表示されるリストから借りたい本を選ぶと、「メディアボックス」内部で対象書籍をピックアップ。モニター下の取り出し口が開き、本を受け取れる仕組み。返却も同じ取り出し口から行う。収蔵可能冊数は100冊で、キャスターがついた本体は、大人2、3人の力で移動できる。

大人から子どもまで幅広い人の使用を想定し、子どもが使う際の安全性にも考慮した。モニター下の取り出し口にはセンサーが付いており、閉じる際にセンサーが反応すると、安全装置が作動、自動で開くようになっている。利用者自身が貸出・返却を行うため、スタッフの業務負担を軽減し、その分をほかの業務の時間にあててもらい、業務の活性化をサポートするねらい。

また貸出履歴をデータ化することで、小学校での学年別貸し出しランキングや読書傾向を確認できる。市役所に出張図書館として設置したり、オフィスでの社外秘資料の管理、業務関連書籍などを所蔵してコミュニケーションツールとして使用することも可能。

本体価格は950万円。10月31日~11月1日まで「パシフィコ横浜」で催された「第20回図書館総合展」のブースで展示した。

【コラボレーション】
ネスレとアクアクララが業務提携
一体型マシン発売


ネスレ日本(兵庫・神戸)とアクアクララ(東京・港)は11月1日、コーヒーマシンとウォーターサーバーが一体化した機器の提供を始めた …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Topics Recap の記事一覧

若年層だけでなく、年配層でも利用者伸びるストリーミングサービス
本を自動で貸し出すボックス オカムラ、学校やオフィスでの活用見込む ほか10月のトピックス(この記事です)
セディナとTrue Dataが業務提携 メーカー、小売のマーケティング支援へ ほか10月のトピックス
オンラインで見て、店舗で買う 幅広い世代に「ウェブルーミング」浸透
女性向けメディア「MERY」初の大型イベント開催 ほか9月のトピックス
カタリナとDIが提携 広告と販促の最適化めざす ほか9月のトピックス
日本は「即買い」傾向あり? 購入直前、送料がネックに
「国内O2O広告は昨年の2.28倍に サイバーエージェント、市場動向調査」ほか8月のトピックス
TOKYO MXがライブコマースの実証実験 まずはスマホアプリ限定で実施ほか8月のトピックス
【FUN!JAPAN】アジア5カ国スマホ利用実態 メーカー・利用SNSの多様性が顕著
ファッション製品のジュン 「武道」がベースのフィットネスオープンほか7月のトピックス(02)
「SHIBUYA109」の新ロゴ決定ほか7月のトピックス(01)
「泡」にこだわり? ビール類が根強い人気みせる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する