販売促進の専門メディア

経営トップ 販促発想の着眼点

明確なテーマを持つ温浴施設 浴場らしくないイベントが好評

温泉道場

ユニークかつ効果的なプロモーションを展開する企業のトップに、どのような視点で販促を考え、展開しているのかを聞く。

温泉道場 代表取締役社長
山﨑寿樹(やまざき・としき)氏

1983年埼玉県生まれ。2006年船井総合研究所に入社。温浴ビジネスチームに所属し、日帰り温泉に特化したコンサルティングを行う。11年、温泉道場を立ち上げる。12年8月からニッポンおふろ元気プロジェクト代表理事として「おふろ甲子園」を企画・運営。

コンサル経験を生かし旧態依然の業界に切り込む

埼玉県を中心に展開する温浴施設「おふろcafé」が、女子、ファミリー、シニアなど幅広い層に人気だ。運営するのは温泉道場(埼玉・比企)というベンチャー企業。既存の温浴施設をリニューアルし、新たなブランディングのもとでサービスを提供するという、ユニークなビジネスモデルで事業を展開している。

たとえば、大浴場にカフェレストランやブックライブラリーなどを備える「おふろcafé utatane」、室内でアウトドアのアクティビティが楽しめる「おふろcafé bivouac(ビバーク)」、食にこだわった「おふろcafé 白寿の湯」などだ。こうした多彩なコンセプトの温浴施設が、埼玉県を中心に7施設ある。

2011年以来、ほぼ1年おきに新たな施設を開業しており、売上高は毎年30%増の伸び率で推移している。

温泉道場の山﨑寿樹社長の前職は、経営コンサルタント。主に温浴業界の分野で活動していた。

「経営コンサルティングをする過程で、温浴施設のビジネスにはコンセプトもターゲットも特に設定せず、温泉を提供しているだけと言ってもいい、旧態依然とした面があることに気付きました。そこで、私たちが温浴業界に参入して、一石を投じようと考えたのです」(山﨑社長)

温泉道場が運営する温浴施設は、どれも施設のコンセプトと、利用客のセグメントを明確にしているのが特色。社内のメンバーで、施設コンセプトの立案や、ブランディングを行う。既存の温浴施設はこうした業務を外部の専門企業に依頼することが多く、内製は珍しいという …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経営トップ 販促発想の着眼点 の記事一覧

明確なテーマを持つ温浴施設 浴場らしくないイベントが好評(この記事です)
全ブランド商品が店頭タブレットで購入可能
eスポーツスタジオをアキバに 若年層に訴求、ネット・店舗へ集客
これまでにない面白い通販番組 長年の夢を叶えた商品が大ヒット
チョコレートで顧客から感謝 販売拠点は調剤薬局・病院
日本発コスメ 世界展開を視野に入れパリとロンドンでブランディング

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する