販売促進の専門メディア

Topics Recap

オンラインで見て、店舗で買う 幅広い世代に「ウェブルーミング」浸透

広告界の動向、ビジネスニュース、販売促進に関する新製品、新サービス、イベントなどの最新情報をコンパクトにお届けします。

【調査結果】
「ファッションアイテム購入時における情報源および購入経路に関する実態調査」

アパレルブランド「GU(ジーユー)」で、消費者のファッショントレンドを独自に調査・研究を行う「リアルファッションラボ」が発表した、「ファッションアイテム購入時における情報源および購入経路に関する実態調査」の実施結果をまとめた。

  • 実施者:GUリアルファッションラボ
  • 対 象:ジーユーアプリ会員
  • 期 間:2018年5月23日~29日
  • 調査方法:オンラインでのアンケート調査

DATA 01 年代を超えて女性に人気「Webルーミング」

衣服やファッション小物、アクセサリーなどのファッションアイテムについて、何で調べて/見て、どこで購入することが多いですか。左記の項目より全てお選びください。

ファッションアイテムの購入方法について、最も利用者が多いのは、「実店舗で見て、実店舗で購入する」(57.6%)方法。そもそも購入方法が60%以下であるというのも、オンラインショッピングの浸透ぐあいを感じさせるが、次に多いのは、「インターネットやソーシャルメディア、アプリなど、オンラインで商品を調べ、実店舗で購入する」(54.2%)。オンラインで情報を収集し、実店舗で商品を確認したうえで購入をする「Webルーミング」を活用する傾向が全体的に高いようだ。

この項目を選んだ回答者を世代別に調べると、すべての20歳代の回答者のうち68.6%が選択していた。また30歳代では55.4%、40歳代では50.2%、50歳代では46.2%の女性が同様の購入方法を選んでおり、若者だけでなく、幅広い世代で、「Webルーミング」を活用していることがわかった …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Topics Recap の記事一覧

オンラインで見て、店舗で買う 幅広い世代に「ウェブルーミング」浸透(この記事です)
女性向けメディア「MERY」初の大型イベント開催 ほか9月のトピックス
カタリナとDIが提携 広告と販促の最適化めざす ほか9月のトピックス
日本は「即買い」傾向あり? 購入直前、送料がネックに
「国内O2O広告は昨年の2.28倍に サイバーエージェント、市場動向調査」ほか8月のトピックス
TOKYO MXがライブコマースの実証実験 まずはスマホアプリ限定で実施ほか8月のトピックス
【FUN!JAPAN】アジア5カ国スマホ利用実態 メーカー・利用SNSの多様性が顕著
ファッション製品のジュン 「武道」がベースのフィットネスオープンほか7月のトピックス(02)
「SHIBUYA109」の新ロゴ決定ほか7月のトピックス(01)
「泡」にこだわり? ビール類が根強い人気みせる
エレクトロラックス、業務用ホットサンドメーカーを発売 「パニーニ」を武器に浸透を図る
ことし最大の新規上場「メルカリ」、テックカンパニーとして世界を目指す
「阿部寛」のこの強さ、なぜ⋯⋯ 映画作品や俳優の人気調査

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する