販売促進の専門メディア

REPORT

ちふれが百貨店向け新ブランド 価格以上の品質を強みに

光未来

化粧品メーカーのちふれ化粧品はことし6月、持ち株会社へ移行し、ちふれホールディングスに改称。傘下に新設のちふれ化粧品、光未来など4社を置き、それぞれで戦略を立案・実行する体制となった。光未来は百貨店向けの新商品を発売する。旧ちふれ化粧品から移管したエイジングケアブランド「綾花」の上位シリーズだ。

商品のパッケージデザインはもちろん、売り場も6つのキーワードとブランドカラーの2種のブルーを意識して演出

高機能化粧品ニーズを踏まえ新シリーズを発売

ちふれホールディングス傘下の光未来(埼玉・川越)は9月1日、百貨店向け化粧品ブランドの「HIKARIMIRAI」を発売する。

ちふれホールディングスはことし6月に組織再編し、持株会社体制に移行。中核ブランド「ちふれ」をちふれ化粧品、エイジングケアブランドの「綾花」を光未来、オーガニックスキンケアブランドの「ドゥーオーガニック」をジャパン・オーガニックと、3社それぞれにブランド戦略の立案・実行機能を移した。

新ブランド「HIKARIMIRAI」は、光未来が取り扱う「綾花」の上位シリーズで、8月末に終売する「綾花プレステージ」の発展的ブランドという位置づけ。ラインナップは、スキンケア用の商品が5品目8SKU、ベースメイク用の商品が4品目15SKU、ポイントメイク用の商品が4品目17SKUの合計13品目40SKUで、百貨店の店頭できめ細やかなカウンセリングを提供するトータルブランドとした …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

ちふれが百貨店向け新ブランド 価格以上の品質を強みに(この記事です)
中国で美容への需要増加 日本の高い技術への関心高まる
オンラインでの旅行予約に 新たな市場創造の可能性
ゾゾスーツで体型データ計測 ビジネススーツ販売開始
「とうもりこ」が好スタート 店頭ほかプロモーションが寄与
二次元コードがコピー品から消費者を守る
外国人観光客の受け入れや人手不足の解消に対応
マツキヨとドコモが業務提携、ポイント基盤を生かす

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する