販売促進の専門メディア

ポップアップストアカタログ 2018

ポップアップストア22事例(その1)

キューサイ、アサヒビール、東京ミッドタウン、江崎グリコ

プロモーション手法として、すっかり浸透したポップアップストア。商品のトライアルや顧客の拡大、消費者と直接つながる場として、ネットでの話題化の火付け役として、など、多様な目的で活用されています。飲食物や雑貨、スキンケア用品など、ことし実施されたポップアップストア事例を6回にわたって紹介します。

1.Q'SAI Kale Cafe 表参道

キューサイ

無料のオリジナルドリンクでターゲットにリーチ

キューサイは粉末タイプの青汁「Kale de Kale Fiber」のポップアップストアを昨年に続き、オープン。商品を生かした4種類のオリジナルドリンクメニューを無料で提供した。ターゲットは30歳代を中心とした情報感度の高い女性の新規ユーザー。実施の背景には、この世代の女性から青汁に親しみがない、などの声があがっていたことがある(キューサイが2016年に行ったアンケートの結果)。

そこで、「Kale Party」というコンセプトを掲げ、新たなキューサイの青汁のイメージを訴求する期間限定店のオープンに至った。青汁の原料であるケールについて知ってもらうべく、口頭で豆知識を伝えたり、栄養素について記載したランチョンマットを設置するなどした …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ポップアップストアカタログ 2018の記事一覧

ポップアップストアカタログ 2018の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する