販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

サンスターH&Bカンパニーの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

サンスターグループ ヘルス&ビューティーカンパニー

プロモーションの基本方針としては、効果検証できることを優先している。この視点がないと目的が曖昧になり、施策ごとの改善がむずかしくなるためだ。企業としても大切な投資を行う以上、客観的に判断し、効果を検証できる領域への投資が重視される。

「爽快系シャンプー」から「オトコの頭皮クレンジングシャンプー」へのリブランディングを行い、ターゲットである男性だけではなく、女性の代理購入も意識。ブランドサイト内の「スマートモテリーマンの10秒でわかる男の頭皮事情」も男女別にチェック項目を用意している

    サンスターグループ ヘルス&ビューティーカンパニー

    今期のプロモーション予算
    「サンスタートニック」は、発売50周年を迎え、「爽快系シャンプー」から「オトコの頭皮クレンジングシャンプー」へのリブランディングを行った。30歳代~40歳代の自購入だけではなく、男性の態度変容に影響を与える女性の代理購入の促進も目指している。そのため、ターゲットへのリーチ効率が高く、メッセージの出し分けもできるWeb動画広告を中心に予算を増やす …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

サンスターH&Bカンパニーの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」(この記事です)
大関の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
コクヨの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
カッパ・クリエイトの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する