販売促進の専門メディア

REPORT

オンラインでの旅行予約に 新たな市場創造の可能性

バンク

OTA(オンライン旅行予約サイト)市場は年々拡大し、いまやオンラインで旅行を予約することは当たり前となりつつある。新たにリリースされたアプリ「TRAVEL Now(トラベルナウ)」は、これまでの旅行市場とは異なる視点で新たなターゲットをとらえ、新市場の創造を目論む。

「TRAVEL now」を発表した光本勇介代表取締役高田加奈子取締役兼COO。行きたいときに旅行に行けるのが特長。

手続き簡単、後払い専用 すぐに旅行に行けるアプリ

インターネットビジネスの企画・開発・運営を行うバンクは6月28日、後払い専用の旅行代理店アプリ「TRAVEL Now(トラベルナウ)」をリリースした。

「TRAVEL Now」は10万円までの旅行商品であれば、すぐに入手して旅行に行けるというもので、支払いは2カ月後。そのため、「旅行したい」と思った時点で手持ちがなくても、すぐに旅行を楽しめるのが特徴だ。旅行商品は常時4000種類ほどで、国内や海外の航空券やホテル、水族館や遊園地などレジャー施設の入場チケット、パラグライダーや陶芸教室などの体験チケット、高速バスや夜行バスのチケットなどを揃えている。

アプリの操作や旅行に行くまでの手続きは簡単で、たとえば「海外の航空券とホテルを予約したい」と考えた場合は、アプリを立ち上げて「国内・海外旅行」のカテゴリーから滞在先の国を選択。出発地、人数、日程を指定するとその条件で宿泊できるホテルが表示され、ホテルを選択するとセットの航空券情報が確認できる。予約は、氏名、性別、生年月日の入力のみで完了する。審査も不要だ。

旅行をあきらめていた人に向け 新たな市場の創造目指す

バンクの光本勇介社長は、「TRAVEL Now」を開発した理由をこう話す。

「『楽天トラベル』や『じゃらん』など、オンライン予約の旅行市場は莫大です。しかしこの市場は、お金を持っている人が旅行に行くことによって形成されている市場。一方、行きたいタイミングでお金がないから旅行をガマンしているという人が、数値は明らかでありませんが、潜在的に多くいるのではないかと考えています。モノであれば、そのときはお金がなくても、また別の機会に買えばいい …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

オンラインでの旅行予約に 新たな市場創造の可能性(この記事です)
ゾゾスーツで体型データ計測 ビジネススーツ販売開始
「とうもりこ」が好スタート 店頭ほかプロモーションが寄与
二次元コードがコピー品から消費者を守る
外国人観光客の受け入れや人手不足の解消に対応
マツキヨとドコモが業務提携、ポイント基盤を生かす

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する