販売促進の専門メディア

海外アンビエント広告事例

アイデンティティをトレンドにしないで

アメリカ/LUSH

世の中をどのようなスタンスで見ているか

LUSHはことし2月、北米の約250店舗で「トランスジェンダー」(身体の性と自身の認識する性が異なる人)についてのキャンペーンを実施した。店内装飾や売上を100%寄付する商品も用意した。

昨今は、多様な性のありかたを支持することについて、企業もキャンペーンを張るケースが増えた …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

海外アンビエント広告事例 の記事一覧

牛乳パックを塗り絵に
感謝祭のディナー味のプリングルズ
ワインラベルの人物が語り出すストーリー
最新機種はレンガ製スマホ
アイデンティティをトレンドにしないで(この記事です)
空港でリラックスできるベッド配布
ベッドテーブルになるピザボックス
コークラベルがフェスのリストバンドに
わかる人にはわかるLGBT支援メッセージ
よくあるバス停を温める企画だが……
わかる人にはわかる LGBT支援メッセージ
フライトが遅延してる?「チョコでも食べて落ち着いて」
ニューヨーク中がティファニーブルーに
渋滞をショートカットできる快感を屋外広告で

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する