販売促進の専門メディア

「買う」5秒前2

狭い部屋が好きなワタシ

草場 滋

その部屋は、狭いながらも暮らしやすい“究極の間取り”。都心の駅にも近く、モノよりコト重視の若者たちに大人気だ。

イラスト:高田真弓

最近、都内で若い人たちに狭い部屋の物件が人気だという。例えば、あるアパートの物件は、一戸あたりの床面積がわずか9平方メートル(6帖弱)。それでも都心の駅から徒歩5分程度にある立地の良さと、家賃が1ルームの相場の6〜7割と安いのがウケているという。

え?それじゃ部屋での暮らしを相当ガマンしているんだろうって?──いや、それがそうでもないのだ。床面積は6帖弱しかないものの、その間取りはキッチンを備え、トイレとシャワールームは別々。おまけに洗濯機を置くスペースもある。居住スペースは3帖ほどだが、同程度の広さのロフトを備え、天井高は3メートル60センチと開放感もある。窓が上下に2つあることで室内の採光もよいという …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

買う5秒前の記事一覧

買う5秒前の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する