販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

より真に迫る企画立案に 販促コンペ協賛課題の誌上オリエン(02)

全30点の課題が公開された「第10回販促会議企画コンペティション」(販促コンペ)で、協賛企業各社が、それぞれの課題の目的や、くわしい背景、ターゲット像に加え、望ましい企画イメージや予算感などを解説した。企画立案時にぜひ役立てていただきたい。


NO.13 <サンリオエンターテイメント>
サンリオピューロランドに行きたくなるアイデア


Q.目的は?
「サンリオピューロランド」が、20歳代~30歳代の大人の女性同士でも楽しめる施設だと知らせ、来場いただくこと。認知度はかなり高いのですが、子ども向けと思われているのが課題です。

Q.ターゲットは?
ファミリー層や、20歳代~30歳代の「kawaii(カワイイ)」ものが好きな大人の女性がメインターゲットです。ただし、強くはこだわりません。

Q.訴求ポイントは?
以前は、ファミリー層を中心として楽しめる施設でしたが、サンリオキャラクターの世界を体感できる新エリア「サンリオタウン」や、男性俳優のみが出演するミュージカル「ちっちゃな英雄(ヒーロー)」などで、20歳代~30歳代の大人の女性にも、お楽しみいただけるコンテンツが好評です。また、「インスタ映え」、フォトジェニックなキャラクターフード、キャラクターグッズも、大人の女性に人気があります。キャラクターとの距離が近いのもピューロランドの特徴です。

Q.望ましい企画は?
今回は、アトラクション、イベント、キャラクターの開発ではありません。あくまでもピューロランドに行きたくなる企画の募集です。面白い、話題になるアイデアをいただければと思います。

(サンリオエンターテイメント サンリオピューロランド営業部マーケティング課
黒河正通氏)


NO.14 <スタジオアリス>
スタジオアリスで赤ちゃんの写真を撮りたくなるようなアイデア


Q.目的は?
いままで写真館で写真を撮ったことのない方々が、「スタジオアリスで写真を撮ってもらいたい!」と思う企画をお願いします。とくに子育て真っ最中のママが思わずスタジオアリスへ行きたくなるような斬新なアイデアを希望します。

Q.訴求ポイントは?
日本の生活文化の中で、誕生から1歳まで、赤ちゃんの健やかな成長を願う通過儀礼は、特別な日「ハレの日」として長く受け継がれてきていますが、習慣(お宮参り・百日祝い・初節句・お誕生日)が薄れつつあります。「ハレの日を祝う」という文化を大切に考えるスタジオアリスは、この日を大切に考え、撮影を通し、晴れの日をお子さま、ご家族の思い出、大切な成長記録、親からお子さまへの愛情の証として残すお手伝いをしています。

笑顔を引き出す技術を習得した、「笑顔のプロ」のカメラマンがお子さまの最高の笑顔を撮影します。泣いていた赤ちゃんも途端に最高の笑顔に、とっておきの瞬間を逃しません。成長の節目ごとに写真に残すことで、それがお子さまとご家族の宝ものになります。"ニューボーンフォト"や"ハーフバースデー"などの新しい感覚のお祝いを取り入れながら、新たな撮影機会の提案を希望します。

Q.望ましい企画は?
店頭、SNS、マスメディアなど、どんなメディアでも可です。とくにSNS上で、自然と拡散されることを期待しています。

(スタジオアリス イベント・プロモーション担当 森薫氏)


NO.15 <住友化学園芸>
ガーデニングユーザーが抱く、薬剤に対するイメージを向上させる企画


Q.目的は?
ガーデニングユーザーが抱く、薬剤に対するネガティブなイメージを払拭し、使用者を増やすことです。

Q.ターゲットは?
すでにガーデニングをしていて、まだ薬剤を使ったことのない層です。国内のガーデニング実施人口は、約3000万人いる一方、ガーデニングユーザーのうち薬剤の使用者はわずか35%にとどまっています。「危なそう」「環境に悪そう」「使い方がむずかしそう」といった、ネガティブなイメージが浸透しており、使用をためらうユーザーが多いのが現状です。

Q.訴求ポイントは?
ガーデニングは、手軽に癒しを得られたり、育てた野菜などを収穫して食べることもできたりと、人気の趣味になっています。一方、ガーデニングにおける悩みや、失敗原因の上位に挙がるのが植物につく害虫や病気。それが原因でやめてしまうユーザーも多く存在します。しかし、その問題は薬剤を使うことで解決できます。国内で規定に則して販売される薬剤は、農林水産省の厳格な基準を満たした、安全性が確保されたものです。たとえば、収穫して食べる前日まで使えるような薬剤も、数多く存在します。

Q.望ましい企画は?
活用するメディアや手法は問いません。

(住友化学園芸 企画部 松崎逸人氏)


NO.16 <セブン-イレブン・ジャパン>
セブンプレミアムのお惣菜・冷凍食品を食べたことのない方が、思わず買ってみたくなる企画


Q.目的は?
「セブンプレミアム」のお惣菜、冷凍食品を食べたことのない方に、セブンイレブンで購入いただくことです。継続的な購入につながる、斬新なアイデアを期待します。

Q.ターゲットは?
セブンプレミアムを支持されている40歳代~60歳代に日常的な購入を促す、また、購入経験の少ない20歳代~30歳代に向け、購入のきっかけを作りたいと考えています。

中食市場は右肩上がりで、2017年度には10兆円を突破する見込みです。背景には、女性の社会進出や高齢化、健康志向、安全・安心など、生活ニーズの多様化があります。セブンプレミアムの「冷蔵食品のお惣菜」「冷凍食品、冷凍食材」も伸び続けておりますが、買ったことのある方は来店される方の約1割で、まだまだ日常的に利用されていないのが実態です。

Q.訴求ポイントは?
主菜、副菜など幅広い品揃えで、直近ではサバやホッケ、紅鮭、イワシ、カレイ、シシャモといった、「魚惣菜」にも力を入れています。来店が増えている中高年層や女性客の購買により、年間販売累計5000万食を突破する見込みです。

Q.望ましい企画は?
投資対効果が見込めるのであれば予算設定は自由、店頭、SNSなど、どんなメディアでもかまいません。

(セブン-イレブン・ジャパン プロモーション企画担当 荒木康貴氏)


NO.17 <中部国際空港>
飛行機を使って中部・名古屋へ行きたくなる企画


Q.目的は?
地上の交通手段で名古屋、中部地方に来ている方に、飛行機を使い、中部国際空港(セントレア)経由で、各地を訪れていただくことです。

Q.ターゲットは?
とくに定めませんが、飛行機でセントレアとつながるエリアの居住者が対象です。中部地方は遠方からでも地上交通で訪れる方が多いです。北海道、沖縄はもちろん、新幹線と競合する九州、仙台、東京などからも、飛行機を利用してセントレアを使っていただきたいです。

Q.訴求ポイントは?
飛行機の旅は、搭乗するだけでワクワクするもの。また、空港の雰囲気も非日常を味わえる空間です。最近ではLCC(格安航空会社)も発達し、安く気軽に飛行機に乗れるようになりました。名古屋の周辺には白川郷、伊勢神宮など有名な観光スポットもあります。移動を短く、かつ楽しみたい方には、セントレアを利用した飛行機の旅がおすすめです。

Q.望ましい企画は?
ソーシャルメディアやブログなどで話題化したいです。セントレアを実際に利用するのが条件です。新たな飛行機旅の楽しみ方のような、副次的な部分もあるとなおよしです。予算は100万円~1000万円程度を想定しています。

(中部国際空港 航空営業部マネージャー 村松洋文氏)


NO.18 <東京海上日動あんしん生命>
生命保険にもっと興味関心をもってもらうためのアイデア


Q.目的は?
ひとりでも多くの方に、生命保険を身近に感じ、保険加入に向けて検討しよう!と思っていただくことです。

Q.ターゲットは?
性別・年齢などによる限定はしません。生命保険は、営業職員に勧められて加入するものから、自分で調べてネットや保険ショップで比較・検討するものになってきています。しかし、「会社・商品が多く、どれを選べばよいか、わからない。むずかしい」と感じている方が多いのが実情です。また、形がない商品のため、ニーズを喚起することで、保険を自分ごととして考えていただくことが課題です。

Q.訴求ポイントは?
生命保険の保障範囲は、死亡だけでなく、病気やケガの入院・手術、がん、就労不能などに広がっています。お客さまには自分のライフプランにまつわる「リスクと備え」について意識していただき、加入の検討を促せたらと考えています。

Q.望ましい企画は?
自由で斬新なアイデアを募集します!マジメかユニークかなどのトーンや、メディアは指定しません。ただし当社は直営店がないため、店舗は除きます。また、保険業法・景品表示法などに触れないよう、加入者プレゼントや値引きなどはご遠慮ください。公式キャラ「あんしんセエメエ」の肖像変更も不可です。

(東京海上日動あんしん生命 広告宣伝 担当者)


NO.19 <日本グッドイヤー>
オールシーズンタイヤ「Vector 4Seasons」に履き替えてもらえる販促アイデア


Q.目的は?
オールシーズンタイヤを実際に試してもらうこと、「オールシーズンタイヤはグッドイヤー」の認知を高め、グッドイヤーのブランドイメージを構築することが目的です。

Q.ターゲットは?
東名阪を中心に、スタッドレスタイヤの購入をためらう層。降雪時、交通が簡単にマヒするほど冬の備えの意識が薄い大都市圏ですが、年に数回は雪が降ります。オールシーズンタイヤは、高速道路の冬用タイヤ規制でも走れる性能を持ち、スタッドレスタイヤ購入負担・交換の労力・シーズンオフの保管場所の問題の解決策となります。

Q.訴求ポイントは?
オールシーズンタイヤは、専用のゴム・構造・パターンにより、ドライ・ウエットのサマー路面だけでなく、冬道をも走行できます。一般的なサマータイヤの購入時、重視されるのは燃費・ブレーキ・静粛性・乗り心地・耐摩耗性ですが、1年中走れるオールシーズン性能はまだ認知されていません。

Q.望ましい企画は?
当社Webサイトへの誘引を経て、グッドイヤー取り扱い店舗への送客を実現する、オンラインtoオフラインの企画。予算感は100万円~1000万円が目安です。

(日本グッドイヤー 販売促進担当マネージャー 石山真嗣氏)


NO.20 <日本航空>
20歳代の社会人がJAL CLUB ESTに入りたくなるような企画


Q.目的は?
「JAL CLUB EST」の認知度を拡大し、20歳代の社会人に入会していただくこと。

Q.ターゲットは?
JALや飛行機になじみのある方に限らず、幅広く20歳代の方々にも、「JAL CLUB EST」を通して「マイル」を身近に感じ、趣味や旅行に活用して、日常が豊かになる体験をしていただきたいと考えています。大手カード会社は若年層の囲い込みを目的とし、学生や20歳代限定など、若年層向けのカードを発行しています。また、年会費無料のクレジットカードが一般化したことで「年会費の必要なクレジットカード」に抵抗を抱く方が多く存在しています。

Q.訴求ポイントは?
「JAL CLUB EST」会員向けアンケートでは、「JALの上顧客向けの空港ラウンジ(サクララウンジ)の利用」や、「通常36カ月のマイル有効期限を60カ月へ延長」など、通常のJALカードにはない「JAL CLUB EST」限定のサービスが大変好評です。「得した気分になる」「マイルが使いやすくなる」といったお声を多くいただいております。

Q.望ましい企画は?
手法の指定はありませんが、空港、機内でのイベント実施はNGです。予算感は、700万円以内。ただし、インセンティブを多く提供する施策はNGです。

(日本航空 マイレージ事業部事業戦略グループ主任 野田彬氏)


NO.21 <日本農産工業>
「ヨード卵・光」を思わず手に取りたくなるような企画


Q.目的は?
商品を「知ってる」だけの状態から、「購買したい」という状態にすることです。「健康に光を」の思いを込めた商品ですが、ただ「高い卵」というイメージが強いようです。

Q.ターゲットは?
20歳代~40歳代の若い世代の方や、健康のために毎日の食事に気を使う方にも食べていただきたいと考えております。現在は、50歳代以上のヘビーユーザーに支えられております。市場を見ると、やや増加傾向にあり、市販用では栄養素や鮮度にこだわった商品が数多く発売され、選択肢が増えています。

Q.訴求ポイントは?
当社は飼料メーカーとして、鶏のエサにもこだわり、卵のおいしさと健康に関する研究を長年続けてきました。「ヨード卵・光」はふつうの卵に比べ、コクが3.56倍あることや、調理したときの仕上がりの良さが特徴です。食品スーパーを中心に全国に配荷され、認知度はおよそ80%です。

Q.望ましい企画は?
基本的には自由な発想で考えていただきたいのですが、長年実施している、「光シール」を集めるキャンペーンと重複しない企画で、店頭での販売につながるアイデアを希望します。予算については、1000万円以内を想定しております。

(日本農産工業 ヨード卵部 営業支援グループ)

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する