販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

より真に迫る企画立案に 販促コンペ協賛課題の誌上オリエン(01)

全30点の課題が公開された「第10回販促会議企画コンペティション」(販促コンペ)で、協賛企業各社が、それぞれの課題の目的や、くわしい背景、ターゲット像に加え、望ましい企画イメージや予算感などを解説した。企画立案時にぜひ役立てていただきたい。


NO.1 <アイ・トピア>
地域に密着した「地域一番のメガネ店になる」ための企画


Q.目的は?
「目やメガネのことで困ったら、とりあえずメガネストアーへ相談しよう」という方を増やすこと。お客さまから見て、当店と競合店の同質化が進み、価格以外での差別化が急務です。当社のコンセプトのひとつは地域密着。具体的かつ顧客目線での企画を募集します。

Q.ターゲットは?
眼のことで困り始める、40歳代以降の男女。中でも「メガネを買うなら、自分に合ったものをきちんと選びたい」と考えている方々がメインです。具体的には、(1)顧客全体で半数以上となる60歳代以降、(2)今後獲得したい40歳代後半~50歳代のふたつの世代を想定しています。

Q.訴求ポイントは?
特長は、スタッフの接客、知識、技術レベルの高さと、400種類を超えるレンズです。社員比率が90%以上で、社内研修をしっかり受けた社員が豊富なレンズから、お客さま一人ひとりに最適な1本をご提案できます。

Q.望ましい企画は?
できるだけWebやソーシャルメディアだけで完結せず、店舗での体験へつながるもの。チャネルはとくに限定しませんが、Eコマースサイトは現在運営しておりません。想定予算は、~1000万円です。

(アイ・トピア マーケティング部部長 南雲カツアキ氏)


NO.2 <青山商事>
未利用の20代~30代のビジネスマンが、THE SUIT COMPANYを利用したくなる企画


Q.目的は?
本来、顧客構成比で最も多くなるべき、20歳代から30歳代のビジネスマンの減少が著しく、この層を獲得すること、今後の売り上げ創出が目的です。

Q.ターゲットは?
メインとなるターゲットは25歳から29歳の若いビジネスマンです。彼らは、ネットでの情報収集が主で、ブランドなどよりもコストパフォーマンスを重視しています。市場は競合店が多く、飽和状態で、他社との差別化がむずかしい状況。またアマゾンなど、Eコマースの台頭、ビジネスウエアの軽装化が叫ばれています。

Q.訴求ポイントは?
「THE SUIT COMPANY」は、世界トップクラスのスーツ販売数を誇る青山商事の、メンズウエアトータルショップです。「ハイファッション・ハイクオリティな商品を、最高の立地でリーズナブルな価格で提供すること。」がコンセプト。スタイリッシュな空間デザインで統一した店舗と、「売り場」から「買い場」への発想を転換し、「ヘルプ」という接客スタイルの採用で、これまでの紳士服売り場のイメージを一新させました。

Q.望ましい企画は?
店頭がメインではありますが、ECサイトでの購買にもつながる企画で、時代の流れに沿った提案をお願いします。予算目安は100万円~700万円 …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する